DVシリーズ史上最速・アストンマーティンDB11ヴォランテ、ニュル高速テスト開始!

アストンマーティンDBシリーズ最新モデル「DB11」のオープンバージョンとなる、「DB11ヴォランテ」が、ニュルブルクリンク・グリーンヘルで高速テストを行いました。

ほぼフルヌードのボディには、ワールドプレミアを予告する「OPEN SPRING 2018」のメッセージが書かれています。

ルーフは走行ノイズを軽減するファブリック製で、他はクーペと同じデザインが予想されます。

パワートレインはDB11史上最速と言わしめる、新開発5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンで、最高出力はクーペ同様608ps、最大トルク700Nmを発揮。カメラマンによれば、ニュルの高速テストでは官能的なV12サウンドを聞くことができたといいます。

また、最高出力520psと言われるAMG製4リットルV型8気筒エンジンモデルのオプションも噂されています。

ルーフ補強による車重増により、0-100km/h加速はクーペの3.9秒から若干遅れ、4.3秒程度が予想されます。

(APOLLO)

DVシリーズ史上最速・アストンマーティンDB11ヴォランテ、ニュル高速テスト開始!(http://clicccar.com/2017/06/04/478313/)

【関連記事】5ドア版を初スクープ!トヨタ ヴィッツ、210馬力の最強GRMNプロトタイプをキャッチツーリングも復活!史上最強626馬力のBMW「M5」次期型がニュル来襲メルセデス・ベンツ AMG C63クーペ、改良新型はEクラス風ヘッドライトに!