スバル「インプレッサ/XV」がJNCAPの衝突安全性能で最高評価!

スバル「インプレッサ/XV」がJNCAPの衝突安全性能で最高評価!

スバル「インプレッサ/XV」がJNCAPの衝突安全性能で最高評価!の画像

国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)が5月29日、東京国際フォーラムで平成28年度自動車アセスメント(JNCAP)の評価結果を公表しました。

JNCAPでは、安全性の高いクルマの普及を目的に、衝突試験による乗員保護性能、歩行者保護性能、シートベルト着用警報装置など、総合的な安全性能評価を実施しており、1995年度から毎年、試験結果を公表しています。

同評価はユーザーがクルマを選ぶ際の指標になることから、自動車メーカーにおいても、モデルチェンジの際に安全性能を向上させる傾向にあります。

今回、軽自動車2車種、乗用車7車種の計9車種について評価が行われ、その中で、スバル「インプレッサ/XV」が歩行者保護エアバッグを全車に標準搭載したことで、これまでの最高得点189.7点を10点上回る199.7点を獲得。衝突安全性能評価大賞、及び特別賞を受賞しました。

https://www.youtube.com/watch?v=8ikIZxQDo08

スバルでは、日本の交通死亡事故の特徴として、半数以上が夜間を含めた歩行者や自転車乗員が対象になっていることに着目。「スバルグローバルプラットフォーム」の開発において、歩行者保護性能の向上に注力したと言います。

一例として、他メーカーがボンネット・フードヒンジ部を瞬間的に少し持ち上げてエアバッグを展開させているのに対し、スバルではフードを持ち上げずに展開可能にするなど、コスト面にも配慮した工夫がなされているのが特徴です。

https://www.youtube.com/watch?v=N9Q-B_KfsGM

JNCAPでは、夜間の歩行者に対する被害軽減ブレーキ評価についても、平成30年度の導入に向けて検討を進めているそうで、さらに、高齢運転者による交通事故対策の一環として、ペダル踏み間違い時加速抑制装置評価を平成30年度から自動車アセスメントに導入する模様。

今後は、スバルが重点的に取組んだように、日本特有の交通死亡事故傾向を踏まえ、歩行者や自転車乗員の安全に配慮した車両開発が重要になりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:SUBARU)

【関連記事】

新型インプレッサにはスバルの技術力が結実【人とくるまのテクノロジー展】
https://clicccar.com/2017/05/31/477505/

【関連リンク】

NASVA JNCAP
http://www.nasva.go.jp/mamoru/

スバル「インプレッサ/XV」がJNCAPの衝突安全性能で最高評価!(http://clicccar.com/2017/06/04/479031/)

【関連記事】スバル・360から半世紀!新型インプレッサにはスバルの技術力が結実【人とくるまのテクノロジー展】史上初の満点!日産セレナが、JNCAPの「予防安全性能評価」で最高評価を獲得【SUPER GT2017】オートポリスで表彰台!しかしSUBARU BRZ R&D SPORTSの進化は止まらない