新しい第3のエコカー「ダイハツMira e:S(ミラ イース)」、実は攻めてます!

新しい第3のエコカー「ダイハツMira e:S(ミラ イース)」、実は攻めてます!

新しい第3のエコカー「ダイハツMira e:S(ミラ イース)」、実は攻めてます!の画像

6年ぶりにフルモデルチェンジした「ダイハツ e-S(イース)」。

初代のイースは「第3のエコカー」というフレーズ通り、発売当時はガソリン車No.1の低燃費車として30.0q/L、そして低価格の80万円。
しかし当時は低燃費競争が激しく、「No.1の低燃費車」という謳い文句は新車が発売されるごとに塗り替えられていきます。が、その時に気が付いたのが「低燃費・低価格」は当たり前。そこに新型イースでは「プラスαの魅力」として「安全・安心」をトッピングしたとのこと。

とはいえ、なんだかんだいっても燃費は35.2q/L。
軽量化だって−80s。ちなみに内訳はボディで−35s。足回りで−15s。そして内装で−30sだそうです。もともと軽い軽自動車で−80sは結構大変な作業だったに違いありません。人間だって体重80sの人が8s減量するのと、50sの人が8s減量するのでは大違いですから。

ほかにも高年齢の方にもなじみやすいよう、パーキングブレーキは手引き式にしたり、センターにフロアトレイを設定したり。世界初のステレオカメラを搭載する「スマートアシストIII(通称スマアシIII)」を採用し、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなどを導入したり。さらに軽自動車初というフロントとリアに2個づつコーナーセンサーを採用。
ちなみに「スマアシV」搭載車は現在までに累計120〜130万台が販売され今年度中に200万台突破する模様。ちなみに国内の市販車が搭載する安全装備の中で最も多いのだとか。

しかし私が注目したのはリアのデザイン。
リアのライトまわりがミライースらしかぬ(?)カーボン調!

なんかおとなしいイメージのミライースらしからぬ(?!)ガンダムチックというか主張する感じでなかなか攻めてます!おやおや、よく見るとフロントマスクも可愛い感じではありつつ、主張もしている感じ。
実は「ダイハツ ミライース」。なかなか攻めているのかも!?

(吉田 由美)

新しい第3のエコカー「ダイハツMira e:S(ミラ イース)」、実は攻めてます!(http://clicccar.com/2017/06/04/479300/)

【関連記事】最新車種も狙い目!100万円以下で買える新車・軽自動車編【2017年版】販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう