「勝った者が最強」を実践!室屋選手が最速のライバル達に勝利して千葉ラウンドを連覇【レッドブル・エアレース2017】

「勝った者が最強」を実践!室屋選手が最速のライバル達に勝利して千葉ラウンドを連覇【レッドブル・エアレース2017】

「勝った者が最強」を実践!室屋選手が最速のライバル達に勝利して千葉ラウンドを連覇【レッドブル・エアレース2017】の画像

タイムを競うスポーツでは「最速が必ずしも最強ではなく、勝った者が最強」という意の言葉が多く語られます。今回のレッドブル・エアレース2017千葉の週末を通して最初に頭に浮かんだ言葉です。

6月1日木曜の朝、室屋選手は浦安のレース用仮設飛行場に居ました。

ただ「空から降りてくる」筈だった機体は強風のため到着せず、未だ福島に居ました。当日の朝、フライインを取材陣に公開するために集めていたので、浦安に居ない訳にはいかなかったのです。

他のチームは既に仮設ハンガーでは翌日のプラクティス(練習飛行)に向けて着々と準備を進めていました。機体は何とか同日到着出来ましたが、室屋選手とチームファルケンは母国でまさかの出足で躓きます。

6月2日金曜、公式スケジュールではプラクティスが2回予定されていましたが、終日吹いた強風により飛行は全て中止となりました。プラクティスは当初予選の前に3回予定されていましたが、急遽1回追加され 、合計2回のプラクティスを行う事となりました。これは現地での調整が遅れていたチームファルケンにとって他のチームに追いつく機会となりました。

6月3日 土曜は前日迄よりは風は収まり、好天の中で飛行が始まりました。

室屋選手はこの2度の練習では積極的なタイムアタックは行わず、レーストラックでシミュレーション予測との擦り合わせ、セッティングの仕上がりの確認を行っている様でした。

予選では、各選手続けて2回のタイムアタックを行います。

前戦終了時点でランキング最下位のミカエル・ブラジョー選手から順番にアタックを開始し、2番目に飛んだマット・ホール選手が55.101をマークすると、9番目に飛行したピート・マクロード選手が54.609を叩き出すまでトップの席を守ります。

10番目以降の選手は誰もこのタイムを上回れず、マクロード選手が予選1位を獲得。開幕戦でも3位表彰台に上がった好調さを維持しています。

第2位は現在のワールドチャンピオン、マティアス・ドルダラー選手。

1位に遅れること僅か0.047秒差の54.651です。室屋選手は54.933というタイムで4位を記録しました。

室屋選手は決勝1回戦の「ラウンド・オブ・14」では、予選11番手のペトル・コプシュテイン選手と対戦します。

なお、今回の予選では1位のマクロード選手から5位のホール選手迄が0.4秒以内、1秒以内には8人。13位の選手でも1.7秒以内に続いています。2秒のペナルティを受けると、優勝からほぼ最下位近くに簡単に転落です。

そして、2回目のアタックの際、ゲート3,11直後のバーティカルターンの際に風の影響を受け、セーフティライン(観客の安全の為に海岸側へ設定された飛行禁止区域)を越えDQ(予選失格)が続出、2度目のタイム更新を行えない選手が相次ぎました。

垂直上昇の際に仮想のセーフティラインを確認する事は不可能なだけに、風が勝負を左右する要因となっています。

6月4日決勝日も好天に恵まれました。開催された3年の予選・決勝を通して一番海上の視界が澄んでいます。

その一方で、決勝開始の午後から風が強くなる予報も出ています。

決勝1回戦の「ラウンド・オブ・14」では前日の予選1位と14位、2位と13位という上位と下位の組み合わせでノックアウト形式の対戦を行い、勝者が準決勝の「ラウンド・オブ・8」へ勝ち上がります。

HEAT1:ニコラス・イワノフ(予選10位)vsマット・ホール(予選5位)

先攻は予選10位のイワノフ選手。序盤順調に飛行しますが、ゲート7で+2秒のペナルティ(インコレクトレベル)を受け58.057。後攻のホール選手は2秒のマージンを守る安全策に走らず、55.459で勝ち上がります。

HEAT2:ペトル・コプシュテイン(予選11位)vs室屋義秀(予選4位)

室屋選手と対戦するコプシュテイン選手は先攻。予選とほぼ同タイムの55.597を叩き出します。室屋選手はコースインの際スピードに乗りきれず、序盤に遅れます。第3計測点で逆転したもののゴールタイムは55.590。わずか0.007秒差という稀に見る僅差はコプシュテイン選手によると「スピンナー(プロペラ付け根のカバー)分の差」で、室屋選手が辛勝します。

HEAT3 ファン・ベラルデ(予選9位)vsカービー・チャンブリス(予選6位)

先攻ベラルデ選手は好スタートで序盤リードしますが、57.012と今一つタイムは伸びませんでした。後攻チャンブリス選手は最初の計測区間こそベラルデ選手に奪われますが、55.234という大差で勝利します。昨年千葉で3位に入ったベテランの健在ぶりを見せました。

HEAT4 ミカエル・ブラジョー(予選12位)vsマルティン・ソンカ(予選3位)

先行ブラジョー選手は56.037と予選タイムを上回るアタックを見せましたが、後攻ソンカ選手は54.787というこのラウンドの最速タイム記録します。ランキングトップが実力を見せつけて勝ち抜けます。

HEAT5 ピーター・ポドルンシェク(予選8位)vsマイケル・グーリアン(予選7位)

先行ポドルンシェク選手は2秒ペナルティ(ゲート7:インコレクトレベル)を受けてしまい58.008と苦しいタイムになりました。後攻グーリアン選手はスラロームを流れるようなフライトを見せ56.380を記録、ラウンドを勝ち抜けました。

HEAT6 クリスチャン・ボルトン(予選13位)vsマティアス・ドルダラー(予選2位)

先攻ボルトン選手はコース両端のターンで失速気味となり、直線区間に運動エネルギーを?げずにタイムをロス、ペナルティ無しも59.044と沈みます。後攻ドルダラー選手は王者の貫録を見せつけ、55.805で勝ち抜けます。

HEAT7 フランソワ・ル・ボット(予選14位)vsピート・マクロード(予選1位)

先攻ル・ボット選手はミスが無い飛行で57.331で記録、この機体での最後の挑戦を終えました。後攻マクロード選手は抜群のスタートから55.209で圧勝を見せつけました。

予選タイムは全体が非常に接近していたにも関わらず、このラウンドの勝者全てが予選上位者という「全く波乱無し」という逆に異例の展開となりました。そして、次に進む「8人目」は室屋選手に敗れたコプシュテイン選手となりました。

2015年のチャレンジャークラスで千葉を制しているダークホースが「死に体」から「最速の敗者」としてラウンド・オブ・8へ勝ち上がりました。

準決勝「ラウンド・オブ・8」もタイム差の上位vs下位の組合わせの対戦です。風が徐々に強くなっています。

HEAT8 室屋義秀(ラウンド・オブ・14 5位)vsマット・ホール(同4位)

2009年組の対決は、先攻室屋が2秒ペナルティ(ゲート7:インコレクトレベル)を受け、56.964で終了。後攻ホールはペナルティ分のマージンを有効に使いつつ55.295でゴールしますが、直後に審議となり、2秒ペナルティ(ゲート11:クライミングイン・ザ・ゲート)が確定、室屋選手が逆転勝利で勝ち抜けました。中間タイムを見てホール選手の健闘を賞賛しつつも、生気を失いかけていたレース会場が息を吹き返したように盛りあがります。

HEAT9 ペトル・コプシュテイン(6位)vsカービー・チャンブリス(3位)

先攻コプシュテイン選手は前のラウンド同様に55.732の好タイムを叩き出すと、0.5秒以上速いタイムを記録していた筈のチャンブリス選手が最初のバーティカルターンでオーバーGを犯し、まさかの失格となりました。コプシュテイン選手はキャリア初のファイナル4進出です。

HEAT10 マティアス・ドルダラー(7位)vsピート・マクロード(2位)

先攻ドルダラー選手は55.333をマークすると、後攻マクロード選手はHEAT10のチャンブリス選手と全く同じ所でオーバーGを犯してしまい、失格となります。こちらの2009年同期対決2戦目はドルダラー選手に軍配が上がります。

HEAT11 マイケル・グーリアン(8位)vsマルティン・ソンカ(1位)

先攻グーリアン選手は、自身この週末最速のタイム55.018を記録します。このタイムはファイナル4なら楽に優勝できたタイムでした。しかし、今一番ノっているソンカ選手はこのラウンドでも54.900と54秒台を記録、グーリアン選手渾身のアタックに立ち塞がり、昨年に続いてファイナル4進出です。

決勝「ファイナル4」

HEAT11終了から5分で、「ファイナル4」ことHEAT12は開始されます。ノックアウト方式ではなく、前ラウンドを戦った順に4機が飛行します。

最初の室屋選手は、一発勝負に出る事は無かったものの、本日の自身最高タイム55.288をマーク、後続を待ちます。

2番手のコプシュテイン選手は初のファイナル4進出で55.846と健闘しますが、室屋選手にはかなわず。

室屋選手、表彰台圏内が確定します。会場の期待が一気に膨らみます。

3番手は室屋選手と互いを好敵手と認めるドルダラー選手。終盤まで室屋選手を上回りますが、最後のバーティカルターン直前のパイロンをヒット!

3秒加算のペナルティで57.943。室屋選手の2位以内が確定します。

最後は本日最速のパイロット、ソンカ選手。昨年室屋選手との0.1秒という僅差の敗北もあり、果敢にコースを攻めますが……

2秒ペナルティ(ゲート4:インコレクトレベル)を受け、更に攻め続けますが56.533となり、室屋選手の優勝が決まりました。

室屋選手の優勝は通算3勝目、サンディエゴからの2連勝でチャンピオンシップランキングでトップに立ちました。また母国千葉戦2連覇となりました。母国レースで2連覇した選手は2人目という偉業です。

2位はコプシュテイン選手が入り、敗者復活から嬉しいマスタークラス初の表彰台:2位を獲得しました。3位はソンカ選手が昨年に続き、表彰台を獲得。ランキング首位からは陥落したものの、ポイントでは室屋選手と並んでいます。

決勝日に最速だったソンカ選手や、54秒台を予感させる飛行を見せたホール選手・ドルダラー選手らと直接対決を行って勝利した室屋選手。室屋選手自身は前年より奇跡的やミラクルを口にしながらも、しぶとく勝ち上がる強さを感じさせました。本当にタイトルへの期待を抱かずにはいられない千葉戦でした。

(川崎BASE) photo:Y.Kanoh

「勝った者が最強」を実践!室屋選手が最速のライバル達に勝利して千葉ラウンドを連覇【レッドブル・エアレース2017】(http://clicccar.com/2017/06/06/479751/)

【関連記事】速報!室屋義秀選手、エアレース千葉大会で2連覇達成!「レッドブル・エアレース2017」【動画】室屋選手のエアレーサーはこうして組み立てられる【レッドブルエアレース千葉2017】ゼロ戦のデモフライト、GLAYのライブ…充実のサイドアクトも見逃せない!【レッドブルエアレース千葉2017】