1000万円を切るマセラティ・ギブリの限定車「ギブリ・スカテナート」が60台限定で登場

近年のマセラティは、クアトロポルテを核として、自身初のSUVであるレヴァンテを2016年に投入し、高級ブランドとしての地位を確立しています。

そのレヴァンテのベースとなったのが現行ギブリで、6月6日から特別限定仕様車のギブリ・スカテナートの受注を開始しました。

ギブリ・スカテナートは、F1ワールドチャンピオンに輝いた1957年の伝説のマシンである「マセラティ 250F」の60周年記念モデルです。

「スカテナート」はイタリア語で「解き放たれた」の意味を持つそうです。現在の F1に供給されているピレリ「P ZERO」のラベル技術が駆使されたカラーエディションを世界で初めて装着し、「スカテナート」の造形と強烈なパフォーマンスをより際立たせています。

ピレリ「P ZERO カラーエディション」には、F1タイヤ由来の革新的なラベル技術が活かされていて、性能に影響を及ぼすことなくカラーの光沢を維持する汚れや色あせを防ぐという新素材を採用。

サイドウォールのコンパウンドには、高い柔軟性と耐クラック性能を併せ持ち、F1ワールドチャンピオン60周年を記念した「スカテナート」にふさわしい精悍な足元を演出。

さらに、限定車を示すデディケーション・プレートが特別にセットされていて、オーナーの所有欲を満たしてくれます。

インパネには、マルチタッチ機能付きの 8.4 インチのタッチコントロール式高解像度ディスプレイが装備された新しいインフォテインメント・システムを採用し、「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応。

センターコンソールも再設計されるという凝ったもので、オーディオの音量やインフォテインメント・システムの基本機能を操作できるダイヤル式のロータリー・コントロールにより、快適性と安全性が向上されています。

ギブリ・スカテナートの価格は1000万円を切る950万円で、60台限定となっています。

(塚田勝弘)

1000万円を切るマセラティ・ギブリの限定車「ギブリ・スカテナート」が60台限定で登場(http://clicccar.com/2017/06/10/480093/)

【関連記事】4台限定!1490万円のスーパースポーツセダン「キャデラックCTS-V カーボンブラック」が登場全身黒ずくめ!ジープ・レネゲード・ナイトイーグルが200台限定で登場600psを誇るジャガー「XE SV Project 8」を世界限定300台で発売