相変わらずのかっこよさに放心状態!? F1女子、ジェンソン・バトンに会いに鈴鹿サーキットに行く!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】

相変わらずのかっこよさに放心状態!? F1女子、ジェンソン・バトンに会いに鈴鹿サーキットに行く!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】

相変わらずのかっこよさに放心状態!? F1女子、ジェンソン・バトンに会いに鈴鹿サーキットに行く!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】の画像

8月27日(日)に開催される「SUPER GT鈴鹿1000km」へのスポット参戦を発表した2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン選手。

6月6日(火)、6月7日(水)に鈴鹿サーキットで行われた「SUPER GTタイヤメーカーテスト」に参加するということで、大好きなバトン選手に会いに鈴鹿サーキットへ行ってきました!

バトン選手が加入するTEAM MUGENは2013年GT300クラスのチャンピオンチームで、SUPER GTに参戦するのは2014年以来。今シーズンはGT500クラスで2003年以来の自チームでの参戦となります。

チームメイトは2013年TEAM MUGENをチャンピオンに導いた武藤英紀選手と中嶋悟さんを父、中嶋一貴選手を兄にもつ中嶋大祐選手。この2人と共にMOTUL MUGEN NSX-GTを走らせます。

応援しているドライバーを見にサーキットに行くのであれば、せっかくなら近くで見てみたい!サインを貰いたい!あわよくば2ショットも!!なんて思っちゃいますよね。しかしバトン選手が昨年まで参戦していたF1では、ドライバーに会う事は一苦労でした。

ドライバーがいるパドックエリアには関係者しか入れない特別なパスが必要だし、木曜日に行われるサイン会も抽選のため強運の持ち主でないといけない……。バトン選手を近くで見る、サインを貰うというのはF1ファンにとっては夢のようなことだったのです。

でも、タイヤテストではパドックエリアに自由に入ることが可能! 平日にも関わらずTEAM MUGENのガレージ裏にはたくさんのファンが集まり、その多さに警備員が立つほどでした(他のチームの所には警備員はいなかったです)。

両日のテスト後にはガレージ裏で待つファンのために即席サイン会が行われ、ファン想いなバトン選手の優しさに感動しました。サインを貰えた方、最高の思い出になったのではないでしょうか。

そして、たくさんのメディアで賑わうTEAM MUGENのガレージ前に行ってみると…いました!  憧れのバトン選手が! キラキラオーラ全開でまぶしいっ!!

バトン選手を見るのは昨年12月に開催された「Honda Racing THANKS DAY 2016」以来。久しぶりに見るバトン選手はかっこよすぎて、しばし放心状態でした(笑)。

ガレージではチームメイトの走行後のタイヤの様子を熱心に見たり、ピットウォールから走りをみたりと超真剣。その表情もまた素敵だったのですが、なによりバトン選手のスタイルの良さには惚れ惚れしちゃいました。

まるで映画の世界から出てきた王子様のようで、ポーズを決めているわけでもなく、ただ立って走行を見ているだけなのにどうしてそんなにかっこいいの!? もう、罪な男です。

チームメイトの中嶋大祐選手にも積極的に話しかけ、楽しそうに会話している姿も印象的でしたよ。

昨シーズンでF1を引退し、もう日本でバトン選手の走りを見ることはできないのではないかと落ち込む毎日でしたが、まさかまたバトン選手の走りを見ることができるとは思ってもいませんでした! しかも鈴鹿サーキットですよ!  バトン選手の走行を見たときは、初めてF1を見に行った時の同じような感情になり、感動のあまりウルウル。

しかーし、走行を見ながら一つ疑問に思ったのです。F1はマシンに対しドライバー1人。誰が運転しているか一目瞭然ですが、SUPER GTの場合は1台のマシンを2人で交代しながら走ります。

しかもバトン選手が参戦する「SUPER GT 鈴鹿1000km」にいたっては、3人。GTマシンはフォーミュラカーと違いルーフがあるため、バトン選手がいつ乗り込んだのか全く分からない状態でした。

でも大丈夫! マシンのある場所に注目すると誰がドライブしているかすぐに分かるんです!

それは、GTマシンの向かって右上にある「ドライバー識別灯」。赤、青、緑とドライバーによって色が変わるのですが、バトン選手がドライブするTEAM MUGENでは、赤が武藤選手、青が中嶋選手、そして緑がバトン選手です。これでどのドライバーが走行しているか分かって一安心! ぜひ注目して見てみてくださいね。

2日間の走行を終えたバトン選手は、走行後の囲み取材で今回のテストについて以下のように語っていました。
「2日間振り返ってもラップ数が足りません。でも、タイヤの勉強にはなりました。チームメイトのドライビングスタイルを見たり、3人のフィードバックを得るということはおもしろいですし、役にたちます。僕はゲストドライバーなので、彼らを優先させながらその中でできる限りのことをやりたいです。GTマシンはダウンフォースが非常に高く、簡単に乗れるクルマではありません。その中でバランスになれることに苦労しています。」
耐久レースの難しさも語ってくれたバトン選手。
「僕にとって耐久レースは初めてのことで、他のドライバーとシートポジションやセッティングなどをシェアしなければいけません。たとえばペダルの位置はもっと離れたほうが好きなどありますが、与えられたものに慣れ、こなしていく努力が必要だと思います。」
SUPER GTはメーカー系チームのGT500とプライベートチームのGT300という2つのクラスに分かれています。この500と300という数字は「おおよそのエンジンパワー」を表し、エンジンパワーの違うGT500クラスとGT300クラスのマシンが混走してレースを行うのが特徴です。

テストではGT500クラス、GT300クラス合わせて17台しか走りませんでしたが、本番では合計45台のマシンが一斉に走行します。かつて経験のない異なるクラスのマシンの混走について、バトン選手は悩んでいるようです。
「GT300のマシンと一緒に走ってもストレートはほとんど同じスピードで、コーナリングのタイミングが違うだけと感じました。一番の問題はトラフィックとの付き合い方です。今後のテストに来る予定はなく、次は本番。どのようになるか悩んでいるところです。でも僕は慣れるのが早いので、それにかけるしかないかなとも思っています。」

そんなバトン選手ですが、6月30日(金)、7月1日(土)に鈴鹿サーキットで行われる公式テストへの参加が決定しました! 本番前にまたバトン選手の走りを見ることができるとは! 嬉しい限りです。

マシンはもちろんのこと、F1にはない3人体制、1000kmの耐久レース、クラスの違うマシンの混走と、初めてのことだらけなバトン選手が「SUPER GT鈴鹿1000km」でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、本当に楽しみですよね!

そして「SUPER GT鈴鹿1000km」は8月26日(土)予選、27日(日)に決勝が行われます。SUPER GTはF1と違ってドライバーとの距離が驚くほど近く、バトン選手に会える大チャンス! このような機会、もう訪れないかも!? バトン選手に会いに、鈴鹿サーキットに足を運んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、私も鈴鹿サーキットでバトン選手に熱いエールを送ります!!

(yuri)

【関連リンク】

「第46回インターナショナルSUZUKA1000km」公式ホームページ
http://www.suzukacircuit.jp/supergt_s/

【関連記事】

ジェンソン・バトン「SUPER GT鈴鹿1000km」参戦記者会見で語った、今後について
【SUPER GT タイヤメーカーテスト】
https://clicccar.com/2017/06/06/479900/

好調ミシュランのガレージに潜入!レースのタイヤはこうやって組み立てられる!!
【SUPER GTタイヤメーカーテスト】
https://clicccar.com/2017/06/11/480117/

実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!
【SUPER GTタイヤメーカーテスト】
https://clicccar.com/2017/06/12/480121/

相変わらずのかっこよさに放心状態!? F1女子、ジェンソン・バトンに会いに鈴鹿サーキットに行く!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】(http://clicccar.com/2017/06/18/480112/)

【関連記事】「シューイ!シューイ!」今シーズンもリカルドがあれをやっちゃった!!【2017年F1第7戦カナダGP】実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】好調ミシュランのガレージに潜入!レースのタイヤはこうやって組み立てられる!!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】