実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】

実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】

実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】の画像

6月6日(火)、7日(水)に鈴鹿サーキットで「SUPER GT タイヤメーカーテスト」が行われました。

タイヤメーカーテストでは、SUPER GTにタイヤを供給している4社(ミシュラン、ブリヂストン、ヨコハマタイヤ、ダンロップ)から指定されたチームが8月に開催される「SUPER GT 鈴鹿1000km」に向けたテストを行います。

このタイヤテスト、なんと一般公開されており「SUPER GT 鈴鹿1000km」のチケットを持っていれば無料で入場することができちゃうんです! レースもテストも両方見られるなんて超お得ですよね。

またチケットがなくても鈴鹿サーキットの入園料を払えばテストを見ることが可能で、レース本番は見に行けないけれどSUPER GTマシンの走りを見てみたい! 鈴鹿サーキットに遊びにきたらテストをやっていたので見てみよう! など、誰でも気軽に見ることができるのも魅力的です。

今シーズンのSUPER GT参戦チームは合計45チーム(ブリヂストン13台、ヨコハマタイヤ25台、ミシュラン2台、ダンロップ5台)。そのうち、今回のタイヤテストに参加したチームは17チームでした。詳細は以下の通りです。
【ブリヂストン】

38号車/ZENT CERUMO LC500
17号車/KEIHIN NSX-GT
12号車/カルソニック IMPUL GT-R
31号車/TOYOTA PRIUS apr GT
65号車/LEON CVSTOS AMG

【ヨコハマタイヤ】

19号車/WedsSport ADVAN LC500
16号車/MOTUL MUGEN NSX-GT
24号車/フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
4号車/グッドスマイル 初音ミク AMG
9号車/GULF NAC PORSCHE 911
18号車/UPGARAGE BANDOH 86
30号車/TOYOTA PRIUS apr GT
52号車/埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCsa
60号車/SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
88号車/マネパ ランボルギーニ GT3

【ミシュラン】

23号車/MOTUL AUTECH GT-R

【ダンロップ】

64号車/Epson Modulo NSX-GT

通常、チームのガレージがあるパドックエリアへ入るには観戦チケットのほかに「パドックパス」が必要ですが、タイヤテストでは観戦チケットを持っていれば誰でも入場可能なんです!

パドックエリアには各チームのトラックが所せましと並んでいて、これを見るだけでも大興奮! チームによってはガレージが開いているところもあり、タイヤテストの舞台裏を覗くことができました。

また、パドックエリアはドライバーやチーム関係者がピットとパドックを行き来しているので、憧れのドライバーに接近する大チャンスでもあるんです!

チームガレージの前にはサインを貰おうと、ドライバーを待っているファンの方もいましたよ。平日ということもあり、レース時に比べたらお客さんの数も少なめ。ゆっくりサインを貰いたい!という方は、タイヤテストが穴場かもしれません。

タイヤテストは座席も自由。レース時には観戦券の他に別途指定席チケットが必要なV2席やB・Qエリア席、ホスピタリティテラスにも入ることができるんです!

しかもテストは午前のセッション、午後のセッションと合わせて合計5時間。のんびりサーキットを歩き様々な場所から走行を楽しむ、なんていうのも良いですよね。

ちなみに私的おススメスポットはホスピタリティテラス。マシンが猛スピードで駆け抜けて行くメインストレートや、様々な名場面が生まれた1コーナー、マシンとドライバーの実力が試されるS字・逆バンクなどなど、ピットビル3階からサーキットを一望できるなんとも贅沢な場所なのです。

レース時にこちらで観戦するには一枚24,000円とお高めなチケットが必要ですが、観戦券もしくは入園料だけで堪能できるのは、このようなテストの時ならでは!

レース時の雰囲気はもちろん格別ですが、いつもと少し違うゆっくりな空間でSUPER GTを満喫できるタイヤメーカーテストもまた、ファンにはたまらないイベントの一つではないでしょうか。

初日は晴天、2日目は雨模様となったタイヤメーカーテストの総合結果は以下の通りです。
順位 クラス/No./チーム・マシン/タイヤ/ベストタイム
1 GT500/23号車/MOTUL AUTECH GT-R/ミシュラン/1’47.501
2 GT500/64号車/Epson Modulo NSX-GT/ダンロップ/1’48.438
3 GT500/38号車/ZENT CERUMO LC500/ブリヂスン/1’48.647
4 GT500/17号車/KEIHIN NSX-GT/ブリヂストン/1’48.648
5 GT500/12号車/カルソニック IMPUL GT-R/ブリヂストン/1’49.037
6 GT500/24号車/フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/ヨコハマタイヤ/1’49.510
7 GT500/16号車/MOTUL MUGEN NSX-GT/ヨコハマタイヤ/1’49.706
8 GT500/19号車/WedsSport ADVAN LC500/ヨコハマタイヤ/1’49.899
9 GT300/9号車/GULF NAC PORSCHE 911/ヨコハマタイヤ/1’58.256
10 GT300/30号車/TOYOTA PRIUS apr GT/ヨコハマタイヤ/1’58.668
11 GT300/4号車/グッドスマイル 初音ミク AMG4/ヨコハマタイヤ/1’58.752
12 GT300/60号車/SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/ヨコハマタイヤ/1’58.849
13 GT300/31号車/TOYOTA PRIUS apr GT/ブリヂストン/1’59.078
14 GT300/18号車/UPGARAGE BANDOH 86/ヨコハマタイヤ/1’59.212
15 GT300/88号車/マネパ ランボルギーニ GT3/ヨコハマタイヤ/1’59.230
16 GT300/65号車/LEON CVSTOS AMG/ブリヂストン/1’59.464
17 GT300/52号車/埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCsa/ヨコハマタイヤ/1’59.757
GT500クラスはミシュランを装着した23号車/MOTUL AUTECH GT-Rが総合トップタイムを記録。その後にダンロップ勢、ブリヂストン勢、ヨコハマタイヤ勢が続き、タイヤメーカー別にはっきりと結果が分かれました。

冒頭でも説明しましたが、今回のテストはSUPER GT夏の風物詩「SUPER GT 鈴鹿1000km」に向けたもの。

レース決勝は8月27日(日)なので、テスト時よりも気温と路面温度が上がり、状況が変わってくることも予想されます。一体どのようなレースになるのか、とっても気になるー! もう、早くレースが見たくてウズウズしてきました!

「SUPER GT 鈴鹿1000km」の チケット・イベント情報は公式ホームページをチェックしてくださいね!!

(yuri)

【関連リンク】

「第46回インターナショナルSUZUKA1000km」公式ホームページ

【関連記事】

ジェンソン・バトン「SUPER GT鈴鹿1000km」参戦記者会見で語った、今後について【SUPER GT タイヤメーカーテスト】
https://clicccar.com/2017/06/06/479900/

好調ミシュランのガレージに潜入!レースのタイヤはこうやって組み立てられる!!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】
https://clicccar.com/2017/06/11/480117/

実は穴場!? タイヤメーカーテストでSUPER GTを贅沢に楽しむ!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】(http://clicccar.com/2017/06/12/480121/)

【関連記事】好調ミシュランのガレージに潜入!レースのタイヤはこうやって組み立てられる!!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】北米のレースでV6ツインターボのアキュラ「NSX GT3」が初勝利。ジェンソン・バトン「SUPER GT鈴鹿1000km」参戦記者会見で語った、今後について【SUPER GT タイヤメーカーテスト】