ついに本物プロトタイプ出現!メルセデス・ベンツ Gクラス次期型は全てが新設計

メルセデスベンツのオフローダー、「Gクラス」(ゲレンデヴァーゲン)次期型が本物ボディで出現。そのプロトタイプを初めてカメラが捉えました。

近未来オフロード「エナーGフォース コンセプト」のように全く別のデザインが採用されると噂もされましたが、やはりその伝統デザインは継承されるようで、ボックス型キャビン、立ったAピラーは1979年登場以来不変のようです。

とはいえ、プラットフォームは次世代プラットフォームが採用され、全て新設計されます。

昨年から目撃されているミュールボディのGクラスと比較しても、トレッドは10cm拡大され、最新世代のヘッドライトを装備、ボンネットが低く、フェンダーもワイドになっていることがわかります。また、サイドミラーやホイールも次期型のものが装着されているようです。

見えない部分では、軽量素材を多数使用して約200kgの軽量化を図り、エレクトロメカニカルステアリングを採用。スムーズなギアシフトを可能にする「9G-TRONIC」と新開発サスペンションにより、乗心地を重視した設定になるといいます。

ワールドプレミアは早ければ2017年のフランクフルトモーターショー、遅れれば2018年3月以降となります。

次期型は、伝統を継承しつつこれまでで最も進化したGクラスを期待できそうです。

(APOLLO)

ついに本物プロトタイプ出現!メルセデス・ベンツ Gクラス次期型は全てが新設計(http://clicccar.com/2017/06/09/480563/)

【関連記事】スープラ次期型にも6速MTか!? トヨタ×BMW新型スポーツ、車内初スクープ!スーパーカー顔負けの加速力を発揮!? メルセデス・ベンツ AMG A45次期型を初スクープ初の仕様追加!メルセデス・ベンツ AMG G63の右ハンドルは1971万円