パナメリカーナグリルは装着されるのか!? メルセデスAMG C63セダンを初スクープ!

メルセデスベンツ「Cクラス」のハイパフォーマンスモデル「AMG C63」の4ドアセダン改良型のスクープに成功しました。クーペモデルのプロトタイプに続いてのスクープになります。

プロトタイプにはダミーのハロゲンライトが装着されていますが、バンパーのエアインテークデザインが新しくなっていることが分かります。

注目は完全にカモフラージュされているフロントグリルです。通常メルセデスベンツ系改良型のプロトタイプでは、グリルは露出しているケースが多く、完全に隠された擬装の下には、AMG GT Rのパナメリカーナグリルが採用される可能性があります。

すでに「GLC63」、「GLC63クーペ」に採用されており、Cクラスにも採用されれば、かなりアグレッシブなイメージに一新されます。

室内では、インフォテインメント/ナビゲーションシステムのアップデートがされるはずです。

パワートレインは、最高出力510psの4リットルV型8気筒エンジンがキャリーオーバーされる可能性が高く、新たなディーゼルエンジンのラインナップも期待されています。

アンヴェールは2017年内、遅れれば2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

パナメリカーナグリルは装着されるのか!? メルセデスAMG C63セダンを初スクープ!(http://clicccar.com/2017/06/14/480598/)

【関連記事】この秋登場!レンジローバー改良新型に350馬力のPHEV投入へMINIクーパー「S」改良型、走り屋も納得のDCTも選択可能に!?これが最新世代コネクテッド・コックピットだ!ボルボ・新型「XC40」を激写