定番的人気を誇るトヨタ・ハリアーに2.0L直噴ターボ仕様が追加。「Toyota Safety Sense P」も搭載

定番的人気を誇るトヨタ・ハリアーに2.0L直噴ターボ仕様が追加。「Toyota Safety Sense P」も搭載

定番的人気を誇るトヨタ・ハリアーに2.0L直噴ターボ仕様が追加。「Toyota Safety Sense P」も搭載の画像

登録車の販売ランキングで20位以内の常連であるトヨタ・ハリアー。2016年4月から今年3月までで見ると、ヴェゼル、エクストレイルに続く売れ筋SUVとなっています。

人気の秘密は、トヨタらしい質感の高い内・外装、押し出しの強いフロントマスクなどのデザインが300万円を切る価格から揃うことで、400万円以下でも充実装備のグレードが届きます。

6月8日から発売を開始した2.0L直噴ターボエンジンは、レクサスNXなどでもお馴染みの「8AR-FTS」型。組み合わさるトランスミッションは、ATの「6 Super ECT」で、マニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチック付です。

ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した「Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)」を組み合わせ、燃費向上に寄与する直噴技術の「D-4ST」を採用。エンジンスペックは231ps/5200-5600rpm、350Nm/1650-4000rpm、JC08モード燃費は13.0km/L。

外観はハリアーならではの存在感がさらに強調され、内装ではアルミヘアライン加飾が施されたシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用。定評のある内装は「本物感」から「本物」を追求したインテリアを実現したとしています。

さらに、やや物足りなかった安全装備もより充実化されています。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとした装備の強化も見逃せません。

今回の直噴ターボエンジンの追加により、ガソリン仕様は2.0L NA+CVTの2タイプ。そして、2.5L+モーターのハイブリッド「THSU(電気式4WD)」という計3タイプのパワートレーンが揃ったことになります。

ハリアーの価格帯は2,949,480円〜4,953,960円。なお、2.0L直噴ターボは3,380,400円〜となっています。

(塚田勝弘)

定番的人気を誇るトヨタ・ハリアーに2.0L直噴ターボ仕様が追加。「Toyota Safety Sense P」も搭載(http://clicccar.com/2017/06/10/480623/)

【関連記事】2020年登場のトヨタ・86次期型は2.4リットル・ボクサー4ターボ搭載で250馬力!?大人のムードが魅力な日産エクストレイル「モード・プレミア」「プロパイロット」をオプション設定!日産・エクストレイルがマイナーチェンジ