約4年ぶりのマイナーチェンジで今求められる装備を充実【ニュー・VWゴルフ公道試乗】

フォルクスワーゲン・ゴルフは世界中のCセグメントカーのベンチマーク(目標)と言われるほど、ベーシック中のベーシックとなるクルマです。

初代発売から40年以上を経過。世界累計販売台数は3300万台以上、日本だけでも85万台以上が販売されました。現在のモデルは7代目で、2012年に発売が開始され、今回、約4年ぶりにマイナーチェンジが行われました。

ゴルフにはいくつかのエンジンバリエーションがありますが、パフォーマンスアップが行われたのはスポーツ系となる2リットルモデルだけです。1.2リットル、1.4リットル、1.8リットルは、パフォーマンスアップは行われませんでした。

今回のマイナーチェンジでもっとも大きな変更点は、新しいデジタルインターフェイスの採用です。センターコンソールに装着される液晶モニターは、オーディオ用は6.5→8インチ、ナビ用は8→9.2インチとサイズアップ。

物理スイッチはなくなり、全面フラットなタッチスクリーンとなったほか、ナビ用はフォルクスワーゲンとしては初となるジェスチャーコントロール(非接触操作)機能も追加されました。また、メーターもオプションで液晶タイプのデジタルメータークラスターが選べるようになり、これを選ぶとスピードメーターとタコメーターの間にはナビ画面が表示されるようになりました。

将来の自動運転化を見据えた装備も充実。トラフィックアシストと呼ばれる渋滞時追従支援システムが採用されました。トラフィックアシストでは、先行車との車間を適正に保つアダプティブクルーズコントロールとレーンアシストが動作します。つまり、一定の条件下で加減速とステアリング操作をクルマが自動的に行います。従来から装備されていた自動ブレーキには歩行者検知機能が追加されました。

新型は走りの機能は更新されていませんが、今求められる装備がプラスされ、キャリブレーションされたという印象です。

(諸星陽一)

約4年ぶりのマイナーチェンジで今求められる装備を充実【ニュー・VWゴルフ公道試乗】(http://clicccar.com/2017/06/13/480828/)

【関連記事】やっぱりゴルフはすごい!クルマ好きを納得させる走りのまとまり感【ニュー・VWゴルフ公道試乗】ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】