流れるウインカーやデジタルメータークラスターを採用した内外装の変更点をチェック【ニュー・VWゴルフ公道試乗】

4年ぶりのマイナーチェンジを施された新型のVWゴルフは、新しいナビやメーターの採用とともに内外装も若干の変更を受けました。

エクステリアの変更点でもっとも注目できるのは流れるウインカーの採用です。ウインカー作動時に従来のようにただ点滅するのではなく、内側から外側に向かって流れるようにウインカーが点滅するようになっています。ウインカーレンズが細長いだけにこの流れるウインカーが効果的になっています。

ヘッドライトは従来のディスチャージ(キセノン)式からLED方式に変更(一部グレードはオプション)されました。グリル下段の開口部は従来タイプよりも幅広で水平感の高いものとなり、ワイド&ロー感が強調されました。リヤコンビランプもLED方式となり、よりモダンな印象が強くなっています。

インテリア面での最大の変更点はメーターパネルとセンターコンソールの液晶モニターです。TSIハイラインにオプションで選べるようになったデジタルメータークラスターは、フラットな液晶タイプのメーターパネルとしたもので、このメータークラスターを選ぶと液晶画面内にアナログでスピードメーターとタコメーターが表示され、そのあいだにナビ画面が表示されるようになります。

また、ナビ用、オーディオ用ともにセンターコンソールの液晶モニターがフラットパネルとなりました。機械的なスイッチはなくなり、「メニュー」、「ホーム」、「電源」といったメイン系のスイッチもタッチパネルとなったことで、センターコンソールはフラット感を増しています。

ナビ用には非接触で操作できるジェスチャーコントロールがゴルフクラスのコンパクトカーでは世界で初めて採用されました。モニターに手をかざして、左右に振ることでメニューのスクロールできるようなっています。

筆者も試しましたが、なかなかうまく作動せず、結局タッチスクリーンを触ってしまいました。同乗した別のジャーナリストは上手に動かせたので個人差やコツがあるのかもしれません。ただ、操作できるのはスクロールくらいのものなので、まだまだ発展途中の技術といった印象でした。

ゴルフは高い実用性も求められるクラスのクルマですが、この性能はマイチェン前のモデルと変わらず高いものとなっています。ハッチバックモデルのラゲッジルームの容量は定員乗車状態で380リットル、最大で1270リットルです。リヤシートは6対4分割のシングルフォールディングできるほか、センタートンネルのスルー機構も備えています。

さらに広いラゲッジを持つヴァリアント(ワゴン)は、定員乗車状態で605リットル、最大拡大時は1620リットルの容量を誇ります。ハッチバック同様に6対4分割可能で、センタートンネル付きです。バリアントはラゲッジルーム床下にトノカバーと標準装備されるパーティションネットを収納するスペースも設定され使い勝手を向上しています。

ゴルフらしい基本的な作りは文句なしですが、電子系はもう少し頑張ってほしい感じがします。

(諸星陽一)

【関連リンク】

約4年ぶりのマイナーチェンジで今求められる装備を充実
【ニュー・VWゴルフ公道試乗】
https://clicccar.com/2017/06/13/480828/

やっぱりゴルフはすごい!クルマ好きを納得させる走りのまとまり感
【ニュー・VWゴルフ公道試乗】
https://clicccar.com/2017/06/13/480832/

伝統のGTIとさらに上を行くR。ゴルフをスープアップした2台のスポーツモデル
【VWゴルフ・GTI/R試乗】
https://clicccar.com/2017/06/14/481074/

とにかく速いゴルフ GTIとR。それでいて乗り心地も十分
【VWゴルフ・GTI/R試乗】
https://clicccar.com/2017/06/14/481076/

流れるウインカーやデジタルメータークラスターを採用した内外装の変更点をチェック【ニュー・VWゴルフ公道試乗】(http://clicccar.com/2017/06/15/480830/)

【関連記事】フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランとシャランに充実装備の限定車「Tech Edition」を設定とにかく速いゴルフ GTIとR。それでいて乗り心地も十分【VWゴルフ・GTI/R試乗】伝統のGTIとさらに上を行くR。ゴルフをスープアップした2台のスポーツモデル【VWゴルフ・GTI/R試乗】