ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】

ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】

ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】の画像

2016年3月からリース販売が行われているホンダの水素燃料電池車がクラリティフューエルセルです。

クラリティは同一のプラットフォーム、同一のボディなどを、使い別の動力源モデルを製作することが発表されていましたが、2017年4月のニューヨークオートショーで、クラリティプラグインハイブリッドとクラリティエレクトリックという2種のモデルを発表。3兄弟がそろったことになります。

今回、この3車種をホンダの様々な技術にふれあうことができるメディア&ジャーナリストのためのイベント「ホンダミーティング」で試乗する機会を得ました。

クラリティフューエルセル(FC)は、水素を燃料としています。圧縮水素を入れるタンクがリヤシート後ろとリヤシート足下にあるため、ラゲッジスペースはかなり圧迫されていますが、一充填で約750kmの走行が可能となっています。

エンジンがないため、非常に静かに加速が可能。モーターは174馬力/300Nmを確保されているので、加速感も力強くなっています。

クラリティエレクトリック(EV)は、完全充電方式の電気自動車で、リヤシート後ろにバッテリーを搭載するので、フューエルセル同様にラゲッジスペースが圧迫されています。ただし、ボンネット下はモーターしか収まっていないので、大きな隙間ができてしまっています。この隙間は現在のところ利用される予定はありません。

モーター出力は161馬力/300Nmで、航続距離は80マイル(約129km)以上となっています。リヤセクションが重い設計ですが、比較的安定感のあるハンドリングが特徴的でした。

クラリティプラグインハイブリッド(PHV)は、フィット用の1.5リットルエンジンと2モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドで、ガソリンタンクはリヤシート下に納められるため、非常に広いラゲッジスペースが確保できています。

モーター出力は181馬力/315Nmですが、これにエンジン出力もプラスされるので走りは3兄弟中もっともパワフルですが、エンジンが始動すれば二酸化炭素を発生しますし、EVやFCのような静かさはありません。バッテリーのみでの航続距離は42マイル(約68km)と発表されています。

3種に乗ってみるとそれぞれが異なる個性を持っていました。静かで航続距離が長いFC、自宅でのエネルギー充填が可能なEV、ガソリンスタンドで気軽に燃料を入れられるPHVとそれぞれ利点があります。

逆に欠点を見ると、FCは水素ステーションが少ない、EVは航続距離が短い、PHVはエンジンが始動すると二酸化炭素を発生させます。これらの欠点をいかに克服するかが、どのタイプが市民権を得られるかを決めることを再認識しました。

(諸星陽一)

ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】(http://clicccar.com/2017/06/12/480834/)

【関連記事】雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】完全自動運転が可能な「レベル4」を2025年に実現させる、ホンダの意気込みとは?