トヨタC-HRに韓から「刺客」

韓国からC-HRに刺客!ヒュンダイの世界戦略コンパクトSUVに超接近

韓国・ヒュンダイ第4のSUVとなる、新型コンパクトSUV「コナ」の接写に成功しました。

車名はハワイ「コナ」地区から取られており、アウトドアと太陽が似合うエクステリアからイメージされています。

「i20」をベースに、その上位モデルとして開発が進められている世界戦略モデルで、トヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」らライバルに引けをとらないアグレッシブなフロントマスクになりそうです。

既にティザーショットで公開されている流行の薄型LEDヘッドライトは、このプロトタイプでも確認できます。

パワートレインは、エントリーモデルの1リットルを始め、1.4リットル直列4気筒ターボ、1.6リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのラインナップが予想されています。

ワールドプレミアは、2017年9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

韓国からC-HRに刺客!ヒュンダイの世界戦略コンパクトSUVに超接近(http://clicccar.com/2017/06/10/480935/)

【関連記事】アウディA7次期型、アルプスで大炎上!原因は新開発TFSIエンジンか!?2020年登場のトヨタ・86次期型は2.4リットル・ボクサー4ターボ搭載で250馬力!?ついに本物プロトタイプ出現!メルセデス・ベンツ Gクラス次期型は全てが新設計