星野インパル初期のカズヨシ100%! 日本一速い男「ホッチ」のウワォ〜!な写真にビックリ【OPTION 1984年2月号より 前編】

星野インパル初期のカズヨシ100%! 日本一速い男「ホッチ」のウワォ〜!な写真にビックリ【OPTION 1984年2月号より 前編】

星野インパル初期のカズヨシ100%! 日本一速い男「ホッチ」のウワォ〜!な写真にビックリ【OPTION 1984年2月号より 前編】の画像

ウワォ〜〜〜!!! レースファンの皆さまごめんなさい。女性ファンの皆さま、お待ちどうサマ!?  禁断? 再掲載厳禁!?かもしれないこの記事は、1984年2月号。

当時、この記事・・・というか写真は、OPT読者でなくてもレース業界はじめ、各所で話題になったとウワサで聞いています。そりゃそーですね。星野さんご本人も以前、「OPTっていえばあの写真を撮ったんだよね!」と笑っておられました。

お盆芸のハシリは、もしかしたらこの記事かもしれません!? 名実ともに日本一速い男、星野一義選手のこんなあられもない姿。でも、しかし、内容は超まじめな記事です。おふざけではありません。ただ、撮影時・・・ホッチがノリノリだったのです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本一速い男の日常生活を追う ホッチと遊ぶ
人気レーサーの日常生活とは? さぁ、一日ホッチと遊んでみようぜ。

ホッチがレース関係以外で過ごせるのは1ヵ月に4〜5日しかないというから、年間50日くらいだろう。なにしろホッチは今、一番忙しい男である。年間30戦以上というレース以外でも、日産のテスト、BSテスト、スポンサー関係のサイン会・・・と、スケジュールがギッシリ。日本一速いレーサーという人気スターだからだ。

AM9:00起床。ホッチはそれまで故郷の静岡に住んでいたが、最近東京に越してきている。「これで都会人になった」とおどけていたものだ。

AM10:30、三鷹のホシノインパルに着く。自宅から愛車セドリックで30分ほど。そして、一日の大半をインパルで過ごす。このインパルこそ、ホッチにとってレースの次に自分のすべてをかけている会社である。そろそろ3周年を迎えるが、有名レーサーが現役時代にビジネスに手を出して成功した例は極めて少ない。

「最初は武士の商法みたいに見られて相手にされなかったこともあった。レースの合間を見ては、自分でホイール持って地方回りをしたんだ」。

ホッチはとにかく努力家。この真剣な熱意があって、初めて商売は軌道に乗った。インパルといえばホイールが最初のヒット作だが、現在ではスポイラー関係、サスペンションキット、ファッションまで手を広げている。

インパルでの一日は試作品のデザインを検討したり、仕事の客と応対する。「でも、会社はほとんど相棒の金子さんに任せている。いいパートナーがいたから出来たんだ」という。

PM5:00。得意先や製品関係の客があれば、夕食や接待に出かける。六本木あたりに出ることもあるが、近くの吉祥寺が多いという。客が無ければ、インパルはPM7:00くらいまでやっているので付き合うわけだ。

PM8:00。よほどの仕事がない限りPM9:00前には帰宅する。ホッチはお酒を飲まないので夜遊びはしない。むろん、次の日の仕事もある。冗談も好きな気さくな性格だが、根っからのオモシロ・マジメ人間なのだ。家庭も大切にする。

「なんたって家が一番、くつろげるしね」。

有名レーサーといえば派手なイメージだが、ホッチの一日は地味な生活である。その闘魂は、しかし、サーキットで大爆発し、信じられないようなスピードでマシンを自在に操る。

昭和22年7月1日生まれ(当時37歳)。蟹座、血液型A型の愛すべき男だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真にビックリ! 爆笑!?してしまいますが、写真に比べて記事内容は超真面目なんです。普通なら星野さんもこんな写真は撮らせないのかもしれません。が、しかし、そこは以前から「ホッチ」「Daiちゃん」と呼び合う仲のふたりだからこそ撮れた、奇跡のカット! 【後編】では、OPTに語ってくれた「ホッチ語録」をご紹介。お楽しみに!

[OPTION 1984年2月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

星野インパル初期のカズヨシ100%! 日本一速い男「ホッチ」のウワォ〜!な写真にビックリ【OPTION 1984年2月号より 前編】(http://clicccar.com/2017/06/13/480998/)

【関連記事】実験!酒を飲んで運転したらどうなる? 飲酒運転Test&Challenge[OPTION 1984年1月号より]RE雨宮自動車の雨さんとDaiちゃんの「My ROAD東京サーキット」【Daiちゃん編】RE雨宮自動車の雨さんとDaiちゃんの「My ROAD東京サーキット」 【雨さん編】