ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】

ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】

ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】の画像

2017年6月初頭、ホンダの栃木研究所でメディア&ジャーナリスト向けに行われたホンダミーティングにて新型シビックタイプRに乗る機会を得ました。といっても距離にして1km強のコースを2周というチョイ乗りでの試乗です。

先代シビックは日本での発売が停止しましたが、タイプRのみをイギリスから輸入。限定750台という形で販売していました。

この夏から販売される新型シビックのタイプRは、台数の限定は行わずに販売することが決まっています。新型タイプRは最高出力320馬力、最大トルク400Nmの強力なエンジンを搭載。ニュルブルクリンクのラップタイムでFF最速となる7分43秒80を記録しています。

まず1周目は燃費がよくハンドリングもソフトなコンフォートモードで走行しました。これはびっくりするくらいに快適な乗り心地を披露してくれました。

初代タイプRはまるでプロダクションレーシングカーのような乗り心地で、とてもじゃないけど長距離移動やデートドライブはカンベンという雰囲気でしたが、このタイプRならば東京から鈴鹿まで快適に移動できるだろうし、彼女を乗せても文句は出ないだろうと感じました。

2周目。この周回こそが本番です。モードは「+R」。このモードはエンジンのパワーを余すことなく引き出し、吹け上がりも鋭くなります。

アクセルを踏み込むとあっという間にタコメーターが跳ね上がり、シフトチェンジがせわしないくらいです。コーナーに向かってブレーキキングし、シフトダウンを行う。

通常ならクラッチを切った瞬間にアクセルペダルをあおってエンジン回転を合わせるところですが、その作業は不要です。クルマ側が自動的にブリッピングしエンジン回転を合わせてくれるのです。

ステアリングを切り込むと瞬時にノーズがインを向いていきますが、決して唐突という印象はありません。コーナリングフォースの立ち上がりは適度なゆるやかさがあり、一回たち上がるとそこから一気に盛り上がります。

今回のモデルからリヤサスペンションがマルチリンクとなり、スタビリティが高まっているため、非常に安定感のあるコーナリングとなっています。安定したコーナリングは、サスペンションの基本設計が高いことに加えて、フロントイン側にブレーキをかけることで積極的に曲がる力を発生させていることも大きく影響しています。

新型のシビックタイプRは、かつてのスポーツドライブしかできなかったシビックタイプRとはまるで異なる性格が与えられました。速くて、しかも快適……ホンダ車復活の一端を垣間見た気がする試乗でした。

(諸星陽一)

ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】(http://clicccar.com/2017/06/12/481530/)

【関連記事】完全自動運転が可能な「レベル4」を2025年に実現させる、ホンダの意気込みとは?北米のレースでV6ツインターボのアキュラ「NSX GT3」が初勝利。ホンダが新型「FIT」のティザーCMを公開中。発売は6月29日!