アメリカで新型アコードの情報解禁。2種類のターボと新ハイブリッドを用意!

アメリカで新型アコードの情報解禁。2種類のターボと新ハイブリッドを用意!

アメリカで新型アコードの情報解禁。2種類のターボと新ハイブリッドを用意!の画像

先日、日本においてホンダの八郷隆弘社長が「2017年内にアコードのフルモデルチェンジを実施、北米市場から発売する」という発表をしましたが、フルモデルチェンジの内容の一部がアメリカで公開されています。

ついに10代目となる伝統のモデル「アコード」。擬装されたボディは、いかにも近年のアコードらしい余裕を感じさせる4ドアサルーン。スタイリングのディテールは謎に包まれたままですが、ホンダが採用する新しいアグレッシブなデザインを初採用しているということです。

トランスミッションに、ホンダ初となる新開発10速ATを搭載するというのもニュース。

新しい10速ATと組み合わされるエンジンは、2.0リッター直噴ターボ。i-VTECヘッドとの組み合わせで、ファントゥドライブ(楽しさ)とエフィシェンシー(環境性能)の両立を図っているといいます。

前輪駆動乗用車としては初となる10速ATに加え、6速MTも用意されるといいます。アコードに2.0リッターターボと6速MTと聞くと、スポーツサルーンとしての資質の高さにも期待が高まります。

そのほか、1.5リッター直噴ターボも用意され、こちらは6速MTとCVTを組み合わせる予定。ま詳細は未発表ですが、新しい2モーターハイブリッドもラインナップする予定。従来のi-MMDをより洗練させた新しいシステムとなるとアナウンスされています。

北米での価格などが発表されるのは2017年秋。その後、グローバルに展開する予定となっています。

(山本晋也)

アメリカで新型アコードの情報解禁。2種類のターボと新ハイブリッドを用意!(http://clicccar.com/2017/06/14/482077/)

【関連記事】日本人初のインディ500ウィナー佐藤琢磨選手がホンダ八郷社長から優勝記念にプレゼントされたものとは?ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!