アルファロメオ最小クロスオーバーSUV「カマル」、2020年にも発売か!?

アルファロメオは「ステルヴィオ」に続く、クロスオーバーSUV第二弾「Kamal」(カマル)を、2020年にも発売する計画していることが分かりました。

「カマル」は、2003年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルとして公開されており、2016年には「Kamal」の商標登録が完了したと見られています。

「ジュリア」や「ステルヴィオ」から流用される「ジョルジオ」プラットフォームを採用し、フロントエンドもこの2台の意匠を継承するものとなるようです。スタイリングも「ステルヴィオ」同様に、クーペSUVになるとレポートされています。

パワートレインは最高出力250psを発揮する1.8リットル直列4気筒DOHCエンジンの搭載が予想されています。

「ステルヴィオ」は、日本での発売価格がエントリーモデルで600万円から700万円と予想されますが、爆発的に売れる価格帯ではなく、日本で人気の高い400万円から500万円のコンパクトSUVを是非ラインナップしたいところです。

プレミアムコンパクトSUV市場は、国産ではレクサス「NX」を始め、メルセデスベンツ「GLA」やBMW「X1」、ボルボの参入も迫っている激アツ市場ですが、新規参入の「カマル」がどこまで迫れるか注目したいと思います。

(APOLLO)

アルファロメオ最小クロスオーバーSUV「カマル」、2020年にも発売か!?(http://clicccar.com/2017/06/16/482156/)

【関連記事】トヨタ・スープラ次期型、ニュルに再来!室内はZ4と酷似も気になるMT設定は…SUV・ピックアップトラックに最適なマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003」が横浜ゴムから登場これが究極のボタンレス・タッチディスプレイだ!アウディQ8市販型をキャッチ