日本人初のインディ500ウィナー佐藤琢磨選手がホンダ八郷社長から優勝記念にプレゼントされたものとは?

日本人初のインディ500ウィナー佐藤琢磨選手がホンダ八郷社長から優勝記念にプレゼントされたものとは?

日本人初のインディ500ウィナー佐藤琢磨選手がホンダ八郷社長から優勝記念にプレゼントされたものとは?の画像

世界三大レースのひとつ、インディ500(インディアナポリス500マイル)を日本人として初めて制した佐藤琢磨選手が日本へ帰国、凱旋報告会が開催されました。

ステージに登場するなり、開口一番「やりました!」とガッツポーズを決める佐藤琢磨選手。ホンダ、ファン、スポンサーなどなどすべての応援してくれている人に感謝したいと語り始めます。

2012年のインディ500、ラストラップで2位を走っていた佐藤琢磨選手はトップを目指して果敢にアタック。惜しくもコースアウトして好走をフイにしてしまいましたが、まさに忘れ物を取り返したといえる勝利でした。今回のインディ500においても「トップに立ってからの最後の5周はいろいろなことを考えました、ホンダエンジンと同じくらいに頭をフル回転させて、シチュエーションによる戦略を練りました。現在のインディではトップに立つというのは不利な点もありますが、勝算があったからこそトップに出たのです」とインディ500ならではの駆け引きをしながら、380km/hでバトルをするドライバーのクレバーさを教えてくれます。

それでも「残り2周は予選のような限界ギリギリの走りでした。ホワイトフラッグ(最後の一周を示す旗)が振られてからは一度もバックミラーを見ていません。ホンダエンジンを信じて走り抜けたのです」といいます。そして、ゴール後の絶叫について「気持ちが言葉にならなかった。本当は『ありがとう』と言いたかったのだけど、叫んでしまいました」とインディ500を制したときの熱気や昂ぶりを語ります。

ところで、イギリスF3選手権でチャンピオンを獲って以来、海外を主戦場としてきた佐藤琢磨選手。そのモチベーションはどこから湧いてくるのでしょうか。

たとえば、大リーグで活躍するイチロー選手など他カテゴリーの日本人アスリートの活躍は、佐藤琢磨選手を奮い立たせてくれるといいます。

そして、もう一つのモチベーションの源は日本への想い、東日本大震災からの復興です。

東日本大震災の被災者支援の活動『With you Japan』に関わっているのも佐藤琢磨選手の強い思いが感じられます。今回の凱旋報告会でも、支援活動におけるエピソードを紹介しながら、「夢を実現できること、挑戦し続けることの大切さ」を自分自身も感じていると語ります。

「1997年SRS(鈴鹿レーシングスクール)に入校してから20年、ずっとホンダと歩んできた」という佐藤琢磨選手。ここでホンダの八郷隆弘社長がステージに登場します。

「本当におめでとうございます。ありがとうございました」と祝辞と謝意を述べる八郷社長。シーズン前に佐藤琢磨選手と会った際に、今シーズンはぜひ勝利をと話していたそうですが、その一勝がインディ500という大舞台で叶って、とても嬉しいと素直に喜びを表します。

そして、ステージ上に隠されていたホンダNSXの模型を手に取ると、「インディ500の優勝を記念して、佐藤琢磨選手も開発に関わってくれたNSXをお贈りします」と佐藤琢磨選手に手渡します。まさか模型のプレゼント? と会場がシーンとすると、すかさず「もちろん、実車ですよ」と八郷社長。これには、佐藤琢磨選手も破顔一笑です。

インディ500の優勝賞金として約2億7000万円を獲得した(実際はチームとわけるそうです)佐藤琢磨選手は、新しい愛車としてNSXも手に入れたのです。

(写真:門真 俊 文:山本晋也)

日本人初のインディ500ウィナー佐藤琢磨選手がホンダ八郷社長から優勝記念にプレゼントされたものとは?(http://clicccar.com/2017/06/13/482192/)

【関連記事】ホンダミーティングで「クラリティ3兄弟」を試す【ホンダ クラリティ試乗】雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】