高いクロスカントリー性能はさすがランドローバー車【ランドローバー ディスカバリー試乗】

高いクロスカントリー性能はさすがランドローバー車【ランドローバー ディスカバリー試乗】

高いクロスカントリー性能はさすがランドローバー車【ランドローバー ディスカバリー試乗】の画像

レンジローバーに迫るプレミアム感を獲得した新型ディスカバリーは、走りにおいても高い性能を披露してくれました。

ディスカバリーのエンジンは340馬力/450Nmのガソリン3リットルV6スーパーチャージャー、258馬力/600Nmのディーゼル3リットルV6ターボの2種です。

ガソリンエンジン車はエンジンがスッキリ回り、回転数が上がってから速度がついてくる印象ですが、ディーゼル車は低回転からグッと前に押し出されるような加速を示します。

エンジンの特性だけでなく、それを生かすギヤ比の違いがこの乗り味を生んでいます。筆者の好みはディーゼルエンジンでした。ディーゼルエンジンといっても気になるノイズやバイブレーションもなく快適です。

エアサスを使った足まわりはゆったりとした乗り心地を実現しています。

車高が高いこともあり、路面がうねっているような場所では左右に振られながら走る場面もありますが、上手に路面をとらえていく懐の深いサスペンションはSUVを知り尽くしたランドローバー車らしい部分です。

サスペンションは基本的にどちらも同じ仕様ですが、タイヤはディーゼル車が255/55R20、ガソリン車が275/45R21となります。マッチングのいいのはディーゼル車の255/55R20で、グリップ感も高く、路面の細かな荒れも上手に吸収してくれます。

ガソリンエンジン車で雪のないスキー場のゲレンデを走りましたが、グリップ感サスペンションの追従性ともにかなり高いレベルでした。

クロカン走行で使うクルーズコントロールともいえるオール・ティレイン・プログレス・コントロール(ATPC)が装備されていたので、登り下りともに速度を一定に設定してステアリング操作に集中することができました。

ディスカバリーは基本が2列の5名定員ですが、今回の試乗車はどちらもオプションのサードシートが装着され7名定員となっていました。サードシートはエマージェンシー用という考え方は初代から大きく変わっておらず、乗ることはできても長距離を移動するのはつらい印象です。セカンドシートは十分に広く、ゆったりとしたスペースを確保しています。

7名分のシートをすべて使ってしまうと、ラゲッジルームはかなり狭く、ブリーフケースを3つ積める程度です。1対1分割のサードシート両方を畳んでしまえば、ラゲッジスペースは1131リットル、セカンド&サードシートを畳めば2406リットルが確保できます。

クルマのグレード感、走りの品質、どれをとっても魅力あふれるディスカバリーですが、価格はガソリンエンジンのベーシックモデルHSEの779万円〜ディーゼルHSEラグジュアリーの901万円と、かなり高レベル。新型ディスカバリーは、オプションの付け方によっては本体価格が1000万円を超えるほどの豪華モデルへとシフトしています。

(諸星陽一)

【関連リンク】

もはやレンジローバーの域に達したディスカバリー
【ランドローバー ディスカバリー試乗】
https://clicccar.com/2017/06/18/481746/

高いクロスカントリー性能はさすがランドローバー車【ランドローバー ディスカバリー試乗】(http://clicccar.com/2017/06/18/482581/)

【関連記事】もはやレンジローバーの域に達したディスカバリー【ランドローバー ディスカバリー試乗】「A4とは異なる」アウディ・A5の魅力と、スポーツバックの価値とは?スタイリッシュなアウディ・A5スポーツバックの上質な走り