デザイン見えた!BMWの新型クーペSUV、実は末っ子が一番アグレッシブ!?

BMWの最小クロスオーバー・クーペSUV「X2」市販型プロトタイプを、フロントバンパーのカモフラージュが取れた状態で初めてキャッチしました。

「X2」は、2016年パリサロンにて「X1」のスポーツモデルとしてコンセプトモデルが公開されており、攻撃的なLEDヘッドライトやフロントバンパーのエアインテークは、コンパクトを感じさせない迫力のデザインでした。

今回捉えた開発車両は、フロントバンパーのカモフラージュが初めて取れ、鋭い角度を持った大口エアインテークが露出。兄貴分の「X4」「X6」と同等以上の迫力を持っていることが分かりました。また、ヘッドライトやテールライトのデザインもコンセプトモデルと酷似しているようです。

ルーフラインは、クーペSUVシリーズで最もリアウィンドウに角度を持たせていまん。コンパクトな分、実用性にも配慮した形です。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ツインターボ、及び2リットル直列4気筒ツインターボで「sDrive28i」、「xDrive28i」、「xDriveM35i」などが設定される見込みです。

ワールドプレミアは、早ければ2017年9月のフランクフルトモーターショーとなります。

(APOLLO)

デザイン見えた!BMWの新型クーペSUV、実は末っ子が一番アグレッシブ!?(http://clicccar.com/2017/06/22/484177/)

【関連記事】その名は「ストラダーレ」。伊・ダラーラ製の最新スーパーカーの名称明らかに!プジョー508セダン次期型、衝撃のファストバック姿をスクープ!マツダ初の1千万円超モデルか!? 新ロータリー搭載RX-9、2019年発売へGO!