大きくなったクロスオーバーでもミニのゴーカートフィーリングは健在。低回転から力があるディーゼルで楽しく走れる【MINI CROSSOVER試乗】

乗り込む前にMINIクロスオーバーを単体で見ていると大きさを感じないが、他のクルマと並ぶとその大きさを実感するからおもしろい。

実際に座ってみると窮屈感がないどころか前後方向だけでなく左右方向にもゆとりがある。さらに全高も30mmアップしたお蔭で室内空間はかなり広く感じる。シートの座り心地も良い。あまりソフトでないところがちょうど良い感じで、身体をしっかりとホールドしてくれる。

ハンドルはチルト、テレスコピックで調整でき、シートは電動で動く。その調整範囲が広いからジャストフィットできる体型範囲が広そうだ。路面からシートクッションまでの高さが、乗り降りにはちょうど良い。腰が痛いという高齢者にはありがたい。

後席もゆとりがあって、さらにエアコンの吹き出し口も後席用のものが新設されたので快適だ。プレミアムコンパクトと呼ぶにふさわしい仕上げになっている。

インテリアの質感も向上している。しっとりした感じで、ドアの内張りやダッシュボードの仕上がりも良い。革シートは多くのステッチが入って、プレミアムカーの雰囲気を漂わせる。

ダッシュボード中央のやや下にある赤いタンブラースイッチを押すことでエンジンがかかる。アイドリング時の騒音はややうるさい。これはエンジンが暖まっても同じで、燃料を圧縮するポンプの音か、ガチャガチャした音が聞こえる。ただ走り出してしまうとまったく気にならない。エンジン音自体が小さくなるのか、他の走行音にかき消されてしまうからだ。これは高回転(ディーゼルだから4000rpm程度)まで回しても同様で大してうるさくならない。

通常ドライブはアイドリングストップ機構も付いているし、クルマを止めたままアイドリングしなければ問題はない。ただし日本人はアイドリングしたままにしている人が多いからコンプレインが出るかもしれない。

走り出すとさすがにディーゼルという低回転からトルクフルな加速が味わえる。アクセルペダルを踏んでいくと無理しないで力強いという感触で軽快に走る。ATは8速なので段差や途切れのない加速が続く。

ハンドリング性能はとても素直だ。直進付近の微小操舵での反応もよく、ドライバーとの一体感もある。ワインディングロードではハンドルがダイレクトで正確なので走りやすい。

アクセルペダルとのコンビネーションでドライバーの意思通りのライントレースが可能だ。ヘッドアップディスプレイが付いたが、車速だけでなくナビの行き先表示もカラーで出るから見やすい。

乗り心地はやや硬めではあるが、ピョコピョコ跳ねたり、乗員が揺すられたりするような振動がないので快適である。ちなみにタイヤはブリヂストン・テュランザT001Iの225/55R17 97Wだった。

パワーアップ版のクーパーSDにも試乗した。こちらはALL4と呼ばれるAWDである。スポーティバージョンだけあって、ハンドルの裏側にはパドルシフトが付いている。

タイヤは225/50R18 99WというピレリP ZEROの18インチになった。タイヤの幅は変わらないがロープロファイルになったことにより、より高荷重でのグリップアップになっているはずだ。つまり攻め込んでいったときに負担がかかるパートのタイヤが負けないでしっかりグリップしてくれるということだ。

実際に走ってみると確かにどっしりした安定感はDよりSDの方がある感じだ。そしてよりハイスピード寄りのサスペンションセッティングになっている感じがした。箱根のワインディングロードのスピードでは安定性があるというか、Dよりアンダーステア傾向が強めではある。DSはパドルシフトを駆使し、サーキットをハイスピードで走るとちょうど良いのかもしれない。

ATのセレクターレバーの根元にはドライブモードを切り替えるスイッチがある。スポーツ、ミッド、グリーンというネーミングで3つのモードから選べる。グリーンはBMWでいうエコプロに相当する。スポーツを選べばDレンジのままでも低いギヤで高めのエンジン回転数をキープしてガンガン走るのに適している。

低回転から力があるディーゼルによって想像以上に楽しく走れる。そして、こんなに大きくなったクロスオーバーでもMINIのゴーカートフィーリングは健在であるのも魅力のひとつだ。

(菰田 潔)

【関連記事】

大きくなっただけでない、パッシブセーフティの充実もMINIクロスオーバーの特徴【MINI CROSSOVER試乗】
https://clicccar.com/2017/06/22/484299/

大きくなったクロスオーバーでもミニのゴーカートフィーリングは健在。低回転から力があるディーゼルで楽しく走れる【MINI CROSSOVER試乗】(http://clicccar.com/2017/06/23/484347/)

【関連記事】大きくなっただけでない、パッシブセーフティの充実もMINIクロスオーバーの特徴【MINI CROSSOVER試乗】アイサイト・ツーリングアシスト搭載のレヴォーグを日本自動車研究所で試す【スバル 新アイサイト・ツーリングアシスト試乗】アイサイトは2020年に自動車線変更機能を搭載予定。テストコースも改修し万全の体制に【スバル 新アイサイト・ツーリングアシスト試乗】