新型エンジンを得てパフォーマンスアップと環境規制をクリア【BMW 5シリーズ ツーリング試乗】

BMWのミディアムクラスの代表である5シリーズのツーリング(ワゴン)モデルがフルモデルチェンジした。開発コードはセダンのG30型に対してツーリングはG31型と呼ばれる。

5シリーズの3代目に当たるE34型からラインナップに加わったツーリングは、E39型、E61型、F11型、G31型で5代目になる。

4代目までで100万台を超える累計販売台数を誇るせいか、今回はやや消極的なフルモデルチェンジと思われるエクステリアデザインだ。もっともこれはツーリングに限ったことではなく、セダンからの流れでもある。

ただ間違いなくフルモデルチェンジだとわかるののはサイズが少しずつ大きくなっているからだ。全長+36mm、全幅+8mm、全高+10mm、ホイールベース+7mmで、全長、全幅、全高、ホイールベースはそれぞれ4943mm、1868mm、1498mm、2975mmになった。

このメリットは室内空間が増したことだ。特に後席はチャイルドシートが3脚横並びに取り付けられること、レッグスペースが+18mm広くなったことなど実感できる拡大になっている。

それでも先代モデルに対して100kgの軽量化を果たしている。7シリーズのようにCFRPを使った訳ではなく、アルミニウム合金と超高張力鋼板の多用によるものだ。

ラッゲージルームの使い勝手が向上している。後席バックレストを倒すのは、テールゲートを上げてラッゲージルームの横の内張にある電気スイッチを操作すればいい。

またラッゲージネットとトノカバーを巻き取るバーは、両方ともフロア下に収納できるようになったから、大きな荷物を積むときには便利でスマートになった。テールゲートはガラス部分だけでも開けられる方式は代々継承されている。

遠くからシルエットで見ると消極的だと感じたエクステリアだが、近くに寄ってよく見るとキドニーグリルはシャッター付きになっているし、Dピラーの傾斜もやや強くなったようだ。

真後ろから見ると実際の寸法拡大よりもっと広く感じる。これはテールランプの形状によるもので、ワイド感を強調するデザインになっている。

エンジンはすべてBMWの最新型に切り替わった。今回試乗した2種類のディーゼルエンジンは520dツーリング(日本名523dツーリング)の2リッター4気筒ターボはB47D20型になり、530dツーリング(日本未導入)の3リッター6気筒ターボはB57D30型になった。

この新型ディーゼルエンジンは排気ガス中のNOxの処理のためにアドブルーを使うようになった。NOxは高負荷の条件下で増えてしまうから、これまで燃料の噴出量や直噴の回数やタイミングなどでコントロールしていたが、アドブルーを使えるようになったことでパフォーマンス重視のプログラムができるようになった。

つまりNOxを気にすることなくアクセルレスポンスやトルク、パワー、さらに燃費にも有利な条件で燃料噴射ができるようになった。2リッターディーゼルは380Nmから400Nmになり、3リッターディーゼルも600Nmから620Nmへと最大トルクはそれぞれ20Nmアップしている。そして欧州方式での測定での燃費は11%向上しているのはアドブルーのお蔭だろう。さらに一番の目的だったユーロ6cの排ガス規制もパスしている。

アドブルーを使いきってタンク残量がなくなるとエンジンがかからなくなる。これは法律で決められている。だからそれなりのケアは必要だが、なくなる前にインジケータで知らせてくれるから問題はない。欧州の走り方ではアドブルーがなくなるまでに1万5000kmくらい走れるという。もちろん走り方によりアドブルーの消費量は異なる。

日本の道路環境ならもっと長く走れるだろうとBMWのエンジニアは言っていた。つまりアウトバーンを200km/h以上でぶっ飛ばすような高負荷が続くとアドブルーも消費するからで、日本の高速道路を法定スピードで走っているとエンジンには楽だからだ。

アドブルーの補充口は、フューエルフィラーリッドを開けると見える。燃料給油口の左側にブルーのキャップがしてある小さな口で専用のタンクを使って入れるのが普通だ。ここから13リッターの容量のパッシブタンクに入る。ポンプを使ってエンジンルーム内にある9リッター入るアクティブタンクに移される。合計21リッターだ。アドブルーは凍結しやすいので、アクティブタンクは電気ヒーターが付いている。エンジンがかかるとこのヒーターは作動する。

(菰田 潔)

新型エンジンを得てパフォーマンスアップと環境規制をクリア【BMW 5シリーズ ツーリング試乗】(http://clicccar.com/2017/06/28/484364/)

【関連記事】適度にタイトで心地のよい運転席と積載性十分な荷室。新型プジョー3008の居住性、積載性をチェック!フォレスターのロングドライブで実感した「アイサイト3」の実力新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!