日本への導入が待ち遠しい、530dツーリングのパフォーマンス【BMW 5シリーズ ツーリング試乗】

試乗したのはBMWの本社があるミュンヘン近郊で、520dツーリングと530dツーリングの2車種に乗った。

最初に驚いたのがディーゼルエンジンの静粛性だった。撮影のために交代しながら乗ったとき、止まっている520dツーリングも530dツーリングもアイドリングしているのはわかるものの、ボンネットの横で聞いていても今のガソリンエンジンより静かで本当にディーゼルかと疑うほどだった。

さらに走り始めても静かだった。アクセルペダルを床まで踏み込んで加速したときにも、ガチャガチャ音はまったく聞こえず、モゴモゴッとした音が遠くから聞こえる感じだ。低回転から力があるディーゼルだからアウトバーンを走っているときもエンジン回転数は低く、さらに巡航状態なら当然だが加速時より静かになる。タイヤからのパターンノイズ、ロードノイズなどの走行音や風切りなどの絶対音量が小さいので、車内はいかにも高級車という雰囲気を醸し出していた。

このエンジン音が静かな理由を試乗後にエンジニに尋ねたら、エンジンルームをカプセル化した効果だという。キドニーグリルのシャッターも音を遮断する効果があるそうだ。またエンジンルームとキャビンの間にあるバルクヘッドも防音効果を高めたことも効いているらしい。

まずは520dツーリングでミュンヘンから南に位置するテーゲルンゼーという湖に向かって、指定されたルートを走った。約175km/2時間のコースである。やはり100kgも軽量化されたボディと20Nmアップしたトルクによって気持ちのいい加速を味わえ、快適なドライブを楽しめた。

乗り心地、静粛性などの快適性はまるで7シリーズに乗っているようだし、アクセルペダルに対する反応も気持ち良かった。ハンドリング性能も重量が軽い4気筒エンジンだからワインディングロードも軽快に走れた。

テーゲルンゼーからの帰り道は530dツーリングに乗り換えた。2リッター4気筒でも充分だと思っていたが、3リッター6気筒に乗ると、上には上があることを知った。

やはり最大トルク400Nmと620Nmの違いは明確だった。この最大トルクはアクセルペダル全開のときの数字ではあるが、その手前のアクセル開度の余裕が違う。軽く踏んだところからググッと力強く、さらに踏み込んだらそのまま力が出るという感じの加速感だ。右足のゆとりが精神的にもドライブを楽にしてくれる。

市街地走行ではアイドリングストップがとてもスムースになったことが大きな進歩だと思った。クルマが止まってエンジンがアイドリングストップするまでに変な振動がなくスムースだ。そして再始動するときも振動なくスルッとエンジンがかかる。

これはエンジンマウントの改良の効果だそうだ。幅広い周波数の振動を吸収できるマウントゴムを採用したこととボディの静音性と剛性の高さが効いているらしい。

3リッター6気筒エンジンの方が2リッター4気筒エンジンより重いはずだが、その重さがあまり悪くは働いていない感じだった。確かにハンドルを切ったときのスイスイとノーズが向きを変えていく様子は2リッターエンジンに分があるが、ミッドシップマウントしてある3リッターエンジンも決して悪くはない。

ボディと一体になって動いてくれる3リッターエンジンも充分に軽快なハンドリングである。また直進時のピタッと落ち着いた感じも高級車らしい雰囲気がある。BMWはやはり6気筒じゃなくちゃ、というファンのための期待に応えている。

アクセル全開での加速時には4気筒よりモゴモゴ音からゴロゴロ音に近くなり、音量も少し大きくなるが、それでも充分に静かである。4000rpmを超えてシフトアップするところでも振動はとても小さく、6気筒らしさを実感できる。高回転になってからも低回転からの力強さが持続している。

現時点では530dツーリングは日本に入って来ないようだが、近い将来にぜひ入れてもらいたい車種である。530dツーリングはそれほど素晴らしいできたと思う。

(菰田 潔)

日本への導入が待ち遠しい、530dツーリングのパフォーマンス【BMW 5シリーズ ツーリング試乗】(http://clicccar.com/2017/06/28/484365/)

【関連記事】新型エンジンを得てパフォーマンスアップと環境規制をクリア【BMW 5シリーズ ツーリング試乗】適度にタイトで心地のよい運転席と積載性十分な荷室。新型プジョー3008の居住性、積載性をチェック!フォレスターのロングドライブで実感した「アイサイト3」の実力