450ps/600Nmを誇る新型アウディRS5クーペの受注がスタート。価格は1257万円

2017年3月のジュネーブモーターで初披露されたアウディRS5クーペの受注が、6月21日から開始されました。ベースのA5クーペはデザインに惚れて指名する人が多いそうで、RS5クーペはスタイリングと速さを兼ね備えた、美しきハイパフォーマンスモデルといったところでしょう。

RS5クーペを手がけるのは、ほかのR8やRS6などと同じようにハイエンドスポーツモデルを手がける「Audi Sport GmbH」。

注目のエンジンは、新開発となる2.9L V6 ツインターボで、先代の4.2L V8からの典型的なダウンサイジングではありますが、最近のアウディ流で言えば「ライトサイジング」エンジンといえるかもしれません。

最高出力は331kW(450ps)、最大トルクは先代からじつに170Nmも増強され、600Nmに到達。なお、アウディS4に搭載されている3.0L V6ターボは354ps/500Nmですから、上級モデルにふさわしい動力性能が与えられています。

トランスミッションはトルコン付の8 速ティプトロニックで、駆動方式はももちろん「quattro」フルタイム4WDシステム。450ps/600Nmの3.0L V6ツインターボとクワトロにより、0-100km/h加速は3.9 秒、最高速度は280km/hに達するそうです。

一方で、アウディ独自の燃焼方式で、アトキンソンサイクルの一種であるBサイクルエンジンは、「NEDC(新欧州ドライビングサイクル)」で100km走行あたり8.7L(11.5km/L)の低燃費を実現。

フロントサスペンションは先代からの改良型となる5リンク式となり、リヤはトラペゾイダルから5リンク式に変更されています。スポーティな走りと俊敏なハンドリングが得られているそうで、快適性も大幅に向上したそう。

さらに、「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)」付スポーツサスペンションプラスや、状況に応じて走行特性を調整できる「アウディドライブセレクト」も標準装備されています。

トランスミッションはトルコン付の8 速ティプトロニックで、駆動方式はももちろん「quattro」フルタイム4WDシステム。450ps/600Nmの3.0L V6ツインターボとクワトロにより、0-100km/h加速は3.9 秒、最高速度は280km/hに達するそうです。

一方で、アウディ独自の燃焼方式で、アトキンソンサイクルの一種であるBサイクルエンジンは、「NEDC(新欧州ドライビングサイクル)」で100km走行あたり8.7L(11.5km/L)の低燃費を実現。

フロントサスペンションは先代からの改良型となる5リンク式となり、リヤはトラペゾイダルから5リンク式に変更されています。スポーティな走りと俊敏なハンドリングが得られているそうで、快適性も大幅に向上したそう。

さらに、「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)」付スポーツサスペンションプラスや、状況に応じて走行特性を調整できる「アウディドライブセレクト」も標準装備されています。

外観では「quattro」のロゴが配された専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーなどを採用。

標準装備されるアウディお馴染みの「マトリクスLEDヘッドライト」はカラーベゼルを採用することで、他のグレードとの差別化が図られています。標準モデルに比べて全幅は15mm拡大しているというブリスターフェンダーも特徴です。

アウディらしい上質さに加えて、スポーティな内装では、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースアンスラサイトのデコラティブパネルを用意。

最新のインフォテイメントシステムも搭載されていて、12.3インチのTFTディスプレイに速度計や回転計だけでなく、ナビなどの多様な情報が表示される「アウディバーチャルコックピット」も標準装備されています。もちろん「アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)」をはじめ、多彩な最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載。

アウディRS5クーペの価格は1257万円で、ステアリング位置は左右ともに設定されています。

(塚田勝弘)

450ps/600Nmを誇る新型アウディRS5クーペの受注がスタート。価格は1257万円(http://clicccar.com/2017/06/23/484804/)

【関連記事】「A4とは異なる」アウディ・A5の魅力と、スポーツバックの価値とは?スタイリッシュなアウディ・A5スポーツバックの上質な走りこれが究極のボタンレス・タッチディスプレイだ!アウディQ8市販型をキャッチ