日産シーマがマイナーチェンジ。安全装備を最新仕様にアップデート

法人ニーズはもちろん、昔からの日産ファンに支持されているフラッグシップサルーンのシーマがマイナーチェンジを受けました。

現行モデルはハイブリッド専用モデルで、306ps/350Nmの3.5L V6エンジンに50kW(68ps)/290Nmのモーター、7速ハイブリッドトランスミッションが組み合わされています。

マイナーチェンジの中身は安全装備のアップデート。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」、「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)」、「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」、「インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)」を全車に標準装備。これにより、全方位の運転支援システムによる高い安全性が確保されています。

安全装備のアップデートスピードがやや遅い気もしますが、こうした安全装備はそう容易には「ポンづけ」できないため、致し方ないところでしょうか。

なお、価格は「CIMA HYBRID」が7,946,640円、「CIMA HYBRID VIP」が8,486,640円、「CIMA HYBRID VIP G」が9,026,640円です。

(塚田勝弘)

日産シーマがマイナーチェンジ。安全装備を最新仕様にアップデート(http://clicccar.com/2017/06/23/484859/)

【関連記事】トヨタ・アクアに「クロスオーバー」を設定。JC08モード燃費も38.0km/Lに進化「グランドツーリングカー」の本流を目指した9代目R33スカイライン【スカイライン60周年記念】レクサス・CTの安全装備強化!2018年モデルを今秋発売へ