激戦区のプレミアムコンパクトSUV。ジャガーが「E-PACE」で参入!!

激戦区のプレミアムコンパクトSUV。ジャガーが「E-PACE」で参入!!

激戦区のプレミアムコンパクトSUV。ジャガーが「E-PACE」で参入!!の画像

ジャガーのSUVといえば、初のモデルとなる「F-PACE」、2016年11月のロサンゼルスモーターショーで披露されたEVの「I-PACE コンセプト」があります。

6月21日に一部の写真が公開された「E-PACE」は、ジャガー初のSUV「F-PACE」とジャガー初のEV「I-PACE コンセプト」に次ぐ、ジャガーの新たなSUVということになります。ワールドプレミアは英国時間で2017年7月13日の予定。

「E-PACE」は「F-PACE」同様に、スポーツカー由来でFRベースと思われるAWD(全輪駆動)技術を採用し、「INGENIUM(インジニウム)」と呼ばれる、ガソリンとディーゼルエンジンを搭載するほか、最新のコネクテッド技術と安全機能が装備されるそうです。

2016-17年度のジャガーブランドの世界販売台数は、前年度比83%増を記録したそうで、「F-PACE」が大きく貢献したとのこと。「E-PACE」は、この「F-PACE」と2018年に製造開始予定とされているジャガー初の電気自動車「I-PACE コンセプト」に続くSUVです。

ジャガーのデザインをまとめるイアン・カラム氏は、「スポーツカーのような外観とジャガーが誇るパフォーマンスを融合したE-PACEは、注目を集める存在になると確信しています。さらに、E-PACEも同様でありながら、独自のキャラクターを与えています」とコメント。

ボディサイズなどの詳細は不明ですが、「XF」と「XE」の関係性からも、「F-PACE」の弟分という位置づけになると予想されます。

(塚田勝弘)

激戦区のプレミアムコンパクトSUV。ジャガーが「E-PACE」で参入!!(http://clicccar.com/2017/06/23/484882/)

【関連記事】大きくなったクロスオーバーでもミニのゴーカートフィーリングは健在。低回転から力があるディーゼルで楽しく走れる【MINI CROSSOVER試乗】【カージャケNo.022】高級車とのジャケ写好きだったドナルド・バード。The Cat Walk DONALD BYRD [ドナルド・バード]ジャガー・XFのステーションワゴン「XFスポーツブレイク」が初公開