キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008

キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008

キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008の画像

2017年をSUVイヤーと位置づけているプジョー。主役となるのは、マイナーチェンジを受けたプジョー2008と今秋にも登場予定の5008、そして中核をなすのが新型プジョー3008。

先代よりも明らかにシャープでスタイリッシュになった新型プジョー3008は、Cセグメントモデルのプジョー308をベースにSUVに仕立てたモデルで、FFのみの都市型SUVといえます。

プレス向け試乗会のベースになったのは、以前は「ランドローバーEX」の名を冠した「早川町オートキャンプ場」で、ちょっとしたオフロードコースも用意されています。

試乗車は、今年3月に日本に導入されたローンチエディションの「GT Line DEBUT EDITION」で、限定180台はすぐに完売したそう。同じく導入記念車の「Allure DEBUT EDITION(アリュール)」の80台もすぐに売れたそうですから、好調なスタートといえそうです。

ベースとなるプジョー308の走りの良さから2代目となる新型プジョー3008にも期待していましたが、想像以上の仕上がり。

まず、メインステージであるオンロードでは、SUV化のネガをあまり感じさせない乗り心地の良さが印象的。適度に引き締まっていますが、足の動きにはしなやかさが感じられ、関節の硬さとは無縁です。

さらに、適度にロールを許しながらもしたたかに路面を捉えるコーナリングマナーも多少ハイスピードになっても恐怖を抱かせず、狭い山岳路もあまり苦にしません。同時に、ベースのプジョー308同様に直進安定性も高く、ロングドライブでも疲れを誘わないでしょう。

期待のディーゼルエンジンは今夏予定とのことですが、1.6Lガソリンターボと6ATの組み合わせでもトルク不足、パンチ力の物足りなさを感じさせるシーンはほぼ皆無で、登坂路でもグイグイと加速していきます。

アイシンAW製の6ATの変速は、変速時に少し「存在感」を抱かせますが、こちらも気になるポイントではありません。

走行時に気になったのは、前方、斜め後方の視界が悪く、狭い道でのすれ違いなど少し注意を要する点。新型プジョー3008に限らず、デザインを重視するあまり、カメラに頼って「直接視認できる設計を重視する」という点が少し軽視されているような風潮が気になります。

(文/写真 塚田勝弘)

キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008(http://clicccar.com/2017/06/25/485074/)

【関連記事】大きくなったクロスオーバーでもミニのゴーカートフィーリングは健在。低回転から力があるディーゼルで楽しく走れる【MINI CROSSOVER試乗】プジョー508セダン次期型、衝撃のファストバック姿をスクープ!アイサイト・ツーリングアシスト搭載のレヴォーグを日本自動車研究所で試す【スバル 新アイサイト・ツーリングアシスト試乗】