メルセデスの新型GクラスはEクラス風コックピットになる!? AMG G63プロトタイプを初キャッチ

メルセデスの人気オフローダー「Gクラス」(ゲレンデヴァーゲン)次期型のコックピットの撮影に初めて成功しました。

プロトタイプのため、メーターパネルはまだデジタル化されていないようですが、センターのディプレイなどのデザインはEクラスにソックリです。

エクステリアを見ると、前回捕捉したプロトタイプと比較して、よりワイドなフェンダーやエアインテークを確認出来るため、この試作車はGクラスの最高峰「AMG G63」の可能性が高いです。

パワートレインは、5.5リットルに代わる最新の4リットルV型8気筒ツインターボを搭載します。注目は車幅が約10センチ広がりボディが大型化されるにも関わらず、車重は400kgも軽量化される可能性があることで、通常100kgから200kgと言われる軽量化の倍です。

実現すればGクラス史上、最強のパフォーマンスを発揮することになりそうです。ワールドプレミアは2018年3月以降となるでしょう。

(APOLLO)

メルセデスの新型GクラスはEクラス風コックピットになる!? AMG G63プロトタイプを初キャッチ(http://clicccar.com/2017/06/29/485152/)

【関連記事】抜群のエアロダイナミクス!アウディA6次期型、ニュルで高速テスト開始レクサスNXを狙い撃ち!キャデラック最小SUV「XT4」はPHEVで発売日本への導入を期待!シトロエンの人気多目的バン、10年振りの次期型はより広くより軽く!