日本への導入を期待!シトロエンの人気多目的バン、10年振りの次期型はより広くより軽く!

シトロエンのBセグメント商用車「ベルランゴ」が10年振りにフルモデルチェンジすることが分かりました。

2008年に登場した現行ベルランゴは、シトロエン「C4」のプラットフォームを採用し、プジョーでは「パルトネール」として販売されています。欧州では、ルノー「カングー」のライバルとされている人気モデルです。

また、商用モデルとは別に、レジャー・アクティビティ・ビークルと呼ばれる乗用車モデルも存在しています。

次期型プロトタイプは完全防備されており、ディテールは不明ですが、サイドを見ると黒テープでドアの位置がカモフラージュされており、ホイールベースが延長され大型化されるようです。

さらに、大幅な軽量化でパフォーマンスも向上します。最大7人乗りのファミリーパックにとっては、使い勝手が大幅に向上するでしょう。パワートレインは、1.2リットル直列3気筒直噴ターボ、1.6リットル直列4気筒エンジンがアップデートされ、大幅な軽量化によりパフォーマンスが向上します。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。日本には導入されていませんが、このフルチェンを期に、是非日本でも、正規販売して欲しい1台です。

(APOLLO)

日本への導入を期待!シトロエンの人気多目的バン、10年振りの次期型はより広くより軽く!(http://clicccar.com/2017/06/24/485179/)

【関連記事】アウディ第2世代・Q5、470馬力の最強「RS」登場間近か!シビック・タイプRに韓国からの刺客!ヒュンダイ・ヴェロスターに300馬力の最強「N」投入デザイン見えた!BMWの新型クーペSUV、実は末っ子が一番アグレッシブ!?