新型ホンダ・シビック・タイプRに「レブマッチシステム」を搭載

新型ホンダ・シビック・タイプRに「レブマッチシステム」を搭載

新型ホンダ・シビック・タイプRに「レブマッチシステム」を搭載の画像

9代目となる先代シビックで、唯一日本向けに750台限定で導入されたシビック・タイプR。10代目を数える新型シビック・タイプRは、限定販売ではなく「Honda渾身のリアルスポーツカー」というコピーを掲げ、カタログモデル化されます。

ボディサイズは全長4560×全幅1875×全高1435mmで、ハッチバックよりも40mm長く、75mmワイドで、全高は同値です。

ハッチバック(182ps/CVTが220Nm、MTが240Nm)とセダン(173ps/220Nm)は、1.5L VTECの直列ターボが搭載されていますが、タイプRは、2.0LのVTECターボを積み、7kWアップとなる最高出力235kW(320ps)、最大トルク400Nmというアウトプットを誇ります。

タイプRの専用装備として、シフトチェンジに合わせてエンジン回転数を自動シンクロさせる「レブマッチシステム」が搭載されています(システム自体をオフにすることも可能)。さらに「+R」、「SPORT」、「COMFORT」の3モードの切り替えが可能で、アクセルやステアリング、ダンパーなどのシステムが変更されます。

インテリアでは、タイプR専用フロントシートをはじめ、本革巻ステアリングホイール、タイプR専用ステアリングエンブレム、ステンレス製スポーツペダル、アルミ製シフトノブ、シリアルナンバー入りアルミ製エンブレム、遮音機能付ガラス(フロントウインドウ)など装備。

足まわりでは、アダプティブ・ダンパー・システム、専用サスペンション(フロント:デュアルアクシス・ストラット リヤ:マルチリンク)、245/30ZR20 90Yスチールラジアルタイヤ&20インチアルミホイール、Brembo社製フロント大径ベンチレーテッドディスクブレーキ、Brembo社製フロントアルミ対向4ポットキャリパー、ヘリカルLSD(リミテッドスリップデフ)などを採用。

安全装備では、MTのみのためか「ホンダ・センシング」は設定されませんが、電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能などが用意されます。

(塚田勝弘)

新型ホンダ・シビック・タイプRに「レブマッチシステム」を搭載(http://clicccar.com/2017/06/24/485412/)

【関連記事】一般道での自動運転をカメラだけのシンプル装備とAIでの実現を目指すホンダ【自動運転システム試乗】ホンダの高速道路自動運転は、数多くのセンサーを用いてきめ細かい制御を行なう【自動運転システム試乗】ホンダが「自動で車線変更」して、遅い前走車を抜き去る自動運転「レベル3」の試験車を公開!