新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!の画像

2代目となる新型プジョー3008は、最新のプラットフォーム「EMP2」を使い、全長4450×全幅1840×全高1630mmというボディサイズ。2017年6月現在は、1.6L直列4気筒ガソリンターボのみですが、今夏には2.0Lディーゼルターボも導入されます。

先代3008は大きく口を開けたような格子型のフロントグリルが強いインパクトを放っていましたが、新型はスポーティかつスタイリッシュになった印象を受けます。

ボリューム感のあるフロントボンネットをはじめ、鋭さを感じさせるLEDヘッドライト、Aピラー付け根からテールエンドまで続くクローム調のライン、そしてサイドシル下側やテールゲート開口部下側のクロームのトリムラインなどが特徴。

3連テールランプが印象的なリヤビューも、数あるSUVの中でも個性は十分でありながら、まとまりを感じさせるもの。

インテリアは先進性を主張する「i-Cockpit」を採用。小径ステアリングの上からのぞく横長のメータースクリーンなど独特のレイアウトは、プジョー308などからの延長線上にあるもので、楕円形の小径ステアリングの操作性も含めて好みが分かれそう。

バイワイヤー化されたシフトレバーの操作性は良好そのもので、トグルスイッチなどのデザインも新しさを感じさせます。なお、シフトレバーと走行モードを切り替えられる「アドバンスド・グリップ・コントロール」用ダイヤル、ヒルディセントコントロールのスイッチ位置を左ハンドルから右ハンドル向けに変えている点からも「本気度」がうかがえます。

よくも悪くもクセのある内・外装ではありますが、先代よりもセンス、質感ともに格段に高まっている印象を受けました。

装備面ではレーンキープアシストが全車に標準装備される一方で、ACCである「アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)」は「3008 GT Line」以上に標準で、ほかは未設定になりますので、ロングドライブが多いのなら「3008 GT Line」より上のグレードを狙いたいところです。なお、売れ筋グレードも「3008 GT Line」とのこと。

さらに、ハンズフリーテールゲートも「3008 GT Line」以上に標準装備されます。なお、人気のパノラミックサンルーフ(電動サンシェード付)は廉価グレードをのぞきオプションで、圧倒的な開放感が得られます。

(文/写真 塚田勝弘)

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!(http://clicccar.com/2017/06/26/485631/)

【関連記事】レクサスNXを狙い撃ち!キャデラック最小SUV「XT4」はPHEVで発売FFの「都市型系」SUVでも高い悪路走破性を確保する新型プジョー3008キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008