夫婦2人で楽しいカーライフを送れるオススメの5車種【ライフスタイル別クルマ選び】

DINKsと呼ばれる共働きの夫婦や、お子さんが成長して夫婦二人でクルマに乗る機会が増えたという人たちにオススメしたいのが輸入車のSUVです。

取り回しのしやすいサイズながらプレミアム感もあり、しかも現在流行のクルマということで注目度間違いなし!という最新の輸入車SUVを5台紹介しましょう。

■フォルクスワーゲン・ティグアン

輸入車のコンパクトSUVのパイオニアと呼ばれるのが、フォルクスワーゲン・ティグアン。初代は8年前に導入され、2017年1月にフルモデルチェンジを行い2代目ティグアンが登場しました。

VWの生産モジュールMQBを採用し、先代に比べてワイド&ローのスタイリングが特徴です。搭載するエンジンは最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する1.4L直4ターボの1種類で、ミッションは6速DSGが組み合わされます。駆動方式は現在のところFFのみで、JC08モード燃費は16.3km/Lを実現しています。

5人乗車時でも615L、リアシートを倒せば最大1655Lまで拡大するラゲージ量を確保し、キーを持った人がリアバンパーしたで足を動かすと、テールゲートが自動で開くパワーテールゲートを採用しています。ティグアンの新車価格は360万〜463万2000円です。

■ミニ・クロスオーバー

ミニ・クロスオーバーはミニ4番目のモデルとして初代モデルが導入され、2014年にはミニ初のディーゼルエンジン搭載車として話題となりました。2017年2月には2代目となる現行型ミニ・クロスオーバーが登場し、さらにスケールアップしています。

ボディサイズは全長、195mm、全幅30mm、全高45mm拡大され、リアシートも大人3人がくつろげるスペースを確保しています。搭載するエンジンは最2L直4ディーゼルターボと1.5L直3ガソリンターボエンジン+モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドを用意。JC08モード燃費はディーゼル車が21.2〜21.3km/Lとなっています。また、プラグインハイブリッド車は最長40kmまでEV走行が可能です。

安全装備もアクティブクルーズコントロールや被害衝突回避・被害軽減ブレーキなども標準装備するなど充実しています。ミニ・クロスオーバーの新車価格は393万〜556万円となっています。

■アウディQ2

アウディがコンパクトSUVテゴリーに2017年4月に導入したのが、アウディ・Q2です。全長4.2mというアウディQ2のプラットフォームはアウディA3と同じで、全高を1530mmと低く抑えることで都心部に多い立体駐車場に対応可能です。

搭載されるエンジンは1L直3ターボとシリンダ休止システムを採用した1.4L直4気筒ターボの2種類。ミッションは7速Sトロニックが組み合わされ駆動方式は現在のところFFのみです。JC08モード燃費は17.9〜19.8km/Lとなっています。

ラゲージ容量は通常時で405L、分割可倒式のリアシートを倒すと1050Lまで拡大可能です。安全装備では、高速道路での追従走行が可能なアダプティブクルーズコントロールは全車に標準装備されるなど充実しています。アウディQ2の新車体価格は299万〜405万円です。

■メルセデス・ベンツGLAクラス

メルセデス・ベンツのSUVラインアップの中でエントリーモデルにあたるのがGLAクラスです。AクラスをベースとしたコンパクトSUVで、全高1550mm以下の抑えることで多くの立体駐車場も利用できるのが特徴です

GLAクラスは2014年5月に日本に導入されましたが、2017年4月にマイナーチェンジを行いデザインが一新されるとともに、GLA 220 4マチックというグレードが追加されました。搭載されるエンジンは1.6L直列4気筒ターボと仕様の異なる2種類の2L直列4気筒ターボの合計3種類で、全車ミッションは7速DCTが組み合わされます。

駆動方式はGLA180がFF、GLA220とGLA A45は4WDとなり、JC08モード燃費は12.3〜16.4km/Lとなっています。先進安全装備のディスタンスパイロット・ディストロニックなどを装備したGLAの新車価格は398万〜792万円となっています。

■プジョー・3008

SUVのラインアップを強化しているプジョーが、2017年3月に導入したのがプジョー・3008です。現行モデルは2代目となり、軽量・高剛性のプラットフォームや先進のiコクピットを採用するなど意欲作となっています。

搭載するエンジンは最高出力165psを発生する1.6L直4ガソリンターボと最高出力180psを発生する2L直4ディーゼルターボの2種類。ミッションは全車6速ATが組み合わされ、JC08モード燃費は14.5〜18.7km/Lを実現しています。

駆動方式はFFのみですが、駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御して走行をサポートするアドバンスドグリップコントロールを装備し高い悪路走破性を実現しています。プジョー3008の新車価格は354万〜426万円となっています。

(萩原文博)

夫婦2人で楽しいカーライフを送れるオススメの5車種【ライフスタイル別クルマ選び】(http://clicccar.com/2017/07/05/485675/)

【関連記事】子育てが終わった夫婦二人で楽しめる「余裕のある」最新ミニバン5車種!【ライフスタイル別クルマ選び】所有する喜びに浸ろう!500万円台で買えるオススメのクーペ【2017年版】この夏はセダンが熱い!? 400万円以下で買えるオススメの最新セダン【2017年版】