日本で初めてスタッドレスを発売したミシュランから新しいスタッドレスタイヤが登場

日本で初めてスタッドレスを発売したミシュランから新しいスタッドレスタイヤが登場

日本で初めてスタッドレスを発売したミシュランから新しいスタッドレスタイヤが登場の画像

2017年6月26日、新スタッドレスタイヤである「MICHELIN X-ICE3+(ミシュラン エックスアイス スリープラス)」を日本ミシュランタイヤが発表しました。発売開始は8月1日からで価格はオープンプライスです。

従来品となる「X-ICE3」から5年ぶりの新製品の投入で、「 X-ICE3」が依然好評であること、サイズバリエーションの関係もあって「X-ICE3」も併売されます。

発売から6年目を迎える「X-ICE3」は高いユーザー満足度を維持しているそうですが、ユーザーニーズが多いアイスブレーキ性能(氷上)をより強化したのが「X-ICE3 +(プラス)」。

なお、新製品の「X-ICE3 +(プラス)」は、「X-ICE3」と同じトレッドパターンを採用していることから、「X-ICE 4」を名乗らずに「+(プラス)」としたそうです。

同社の調べによると、スタッドレスタイヤに一番求められる性能は、新品時のアイスブレーキ性能で、2〜3年後に求めるのもアイスブレーキ性能で、交換のきっかけになるのが「年数」、「残り溝」、「怖い思いをした」と続いているそうです。

そこで新品時のアイスブレーキ性能を従来の「X-ICE3」よりも4.5%向上させ、摩耗時の同性能は11.5%も改善。50%というスタッドレスタイヤの摩耗限界(残り溝50%)まで高い氷上ブレーキ性能が確保されているそうです。

「X-ICE」と「X-ICE3 +(プラス)」の共通技術として、効果的に除水し、路面に密着させる「マイクロポンプ」、路面をワイドに捉える「クロスZサイプ」、氷面に強く噛みつく「Zig Zigマイクロエッジ」という3つの技術、そして接地面を均一化する「マックスタッチ」、横振れを防ぐ「バリアブルアングルサイプ」という技術が採用されています。

さらに、「X-ICE3 +(プラス)」では新コンパウンドを採用。MICHELINの「M」から命名したという「Mチップ」の採用が最大のトピックスで、摩耗が進むとトレッド表面に出た「Mチップ」が溶けることで、無数の穴が出現し、氷上の水分を除去して氷に密着するそう。なお、すり減っても無数の穴が再生され、50%の残り溝までアイスブレーキ性能が落ちないそうです。

Mチップの詳細は企業秘密とのことですが、環境や人体に対して悪影響を及ぼす素材ではなく、化粧品やサプリなどにも使われている素材とのこと。発売時は全15サイズ展開で、ユーザーの声があれば拡大していきたいとしています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

Michelin X-Ice 3 plus Tyres | Michelin Japan
http://www.michelin.co.jp/JP/ja/tires/products/x-ice-3-plus.html

日本で初めてスタッドレスを発売したミシュランから新しいスタッドレスタイヤが登場(http://clicccar.com/2017/06/29/486256/)

【関連記事】販売サイズは1サイズのみ。商用車用スタッドレスタイヤ「MICHELIN AGILIS X-ICE」が新発売クラシックミニ向けサイズの「ミシュランXZX」が登場! 旧車乗りには朗報!!好調ミシュランのガレージに潜入!レースのタイヤはこうやって組み立てられる!!【SUPER GTタイヤメーカーテスト】