キャデラック旗艦サルーン「CT6」、ビッグチェンジで「エスカーラ」に変身!?

キャデラックのフラッグシップサルーン「CT6」改良型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

厳重にカモフラージュされたプロトタイプは、まるでフルモデルチェンジを待つ試作車のようです。

それもそのはず、レポートによればかなり大掛かりなデザイン改良が行われ、フロントグリルやバンパーを一新するほか、あの特徴的な縦型ヘッドライトがシャープな水平デザインに変更されるといいます。

そのエクステリアは、2016年8月の米国西海岸ペブルビーチで発表された「エスカーラ コンセプト」からインスピレーションを得るようです。

パワートレインは、直噴3.6リットルV型6気筒エンジンをアップデートし、燃費と馬力の向上が図られる可能性が高いと思われます。また、改良型には3リットルV型8気筒の「CT6 V-Sport」、及びコルベットZ06から流用される、6.2リットルV型8気筒搭載「CT6-V」、2つのハイパフォーマンスモデルをラインナップすると伝えられています。

ワールドプレミアは、2018年1月のデトロイトモーターショーと予想されます。

(APOLLO)

キャデラック旗艦サルーン「CT6」、ビッグチェンジで「エスカーラ」に変身!?(http://clicccar.com/2017/07/02/486278/)

【関連記事】SUVメーカーへ転身!? ジャガーの次の一手、最小「E-PACE」の市販デザインを予測!目玉は1.5リットルPHEV。BMW X3次期型を軽偽装状態でキャッチ!わずか3年で第2世代へ!BMW X4次期型のトップモデル「M40i」プロトタイプを初捕捉