SUVメーカーへ転身!? ジャガーの次の一手、最小「E-PACE」の市販デザインを予測!

ジャガー最小のクロスオーバーSUVとなる、「E-PACE」のレンダリングCGを入手しました。

日本でも大人気のCセグメントSUV市場には、メルセデスベンツ「GLA」、アウディ「Q3」、BMW「X1」が存在する上、ボルボ「XC40」、アルファロメオ「カマル」など続々と参入が予想される激戦区です。

ジャガーは、クラス最安かつ最高のスポーツパフォーマンスという特性を持たせ、市場に殴り込みをかける腹積もりです。

エクステリアは、フロント&リアオーバーハングを切り詰めたコンパクトボディに対し、十分なホイールベースを確保。スポーツ性の高い寝かされたAピラーに、ジャガーの気品を持たせたフロントマスクを特徴としています。

パワートレインは、2リツトル直列4気筒ターボチャージャー「インジニウム」エンジン、及びハイブリッドモデルがラインナップされるはずです。

ジャガーは自社初のSUV「F-PACE」を筆頭に、最小モデル「E-PACE」、フラッグシップ「J-PACE」、完全電気SUV「I-PACE」の発売を控えているほか、各モデルにハイパフォーマンスモデル「SVR」の設定を計画するなど、着々とSUV王国を築きつつあります。

E-PACEのワールドプレミアは2018年が有力です。

(APOLLO)

SUVメーカーへ転身!? ジャガーの次の一手、最小「E-PACE」の市販デザインを予測!(http://clicccar.com/2017/07/01/486304/)

【関連記事】目玉は1.5リットルPHEV。BMW X3次期型を軽偽装状態でキャッチ!わずか3年で第2世代へ!BMW X4次期型のトップモデル「M40i」プロトタイプを初捕捉【カージャケNo.026】美しい女性と美しいホイール。そしてどちらも力強い! Dance Along With Rosamunde BERRY LIPMAN [ベリー・リップマン]1967