2300万円のプライスタグにふさわしい「メルセデスAMG GT R」の内・外装の存在感

2300万円のプライスタグにふさわしい「メルセデスAMG GT R」の内・外装の存在感

2300万円のプライスタグにふさわしい「メルセデスAMG GT R」の内・外装の存在感の画像

メルセデスAMGが誇る「メルセデスAMG GT」が6月27日、2300万円で発売されました。外観は、かつてのレーシングカー「300SL」を彷彿とさせる「AMG パナメリカーナグリル」や強力なダウンフォースをもたらす「アジャスタブルリアウイングスポイラー」をはじめとする数々の専用装備を用意。

この新型「AMG パナメリカーナグリル」はモータースポーツ由来のもので、量産車としては初採用になります。

クロームメッキが施された15本の垂直フィンは「メルセデス AMG GT3 レーシングカー」を想起させるだけでなく、1952 年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝した「メルセデス・ベンツ 300SL」で初めて採用されたもので、伝統を受け継ぐグリルでもあります。

見た目だけでなく、低く構えたフロントセクションと前傾したフロントグリルによって、シャークノーズ(サメの鼻先)のような独特な形状が生まれるとともに、ボディが路面に張り付くような視覚効果ももたらすそうです。さらに、冷却気流と空力性能を強化する効果も考慮。

サイドビューで目を惹くのは超軽量カーボン製の力強いフロントフェンダー。 GT と比べると、前側が46mm増えていて、トレッドの拡大とホイール/タイヤの大型化に対応しています。

フロントフェンダーには独自意匠として、フィンを備えた専用のシグネットリング状のインサートと、エンジンルームからの熱を逃す大型エアアウトレットも設けられています。

リヤエンドでは、新型アルミニウム製サイドウォールによってリヤの幅を57mm 拡大することで、20インチホイールへの対応とトレッド拡大に対応。トラクションを向上させるとともに、より高いコーナリングスピードを得ています。

空力性能が徹底追求されたディフューザーのほか、左右のテールランプの間に小さなエアアウトレットを設けることで、リヤサイレンサーが発生する熱をさらに放散しやすくするなどの工夫も盛り込まれています。

また、独自のデザインとして、中央に仕切りを備える大型エグゾーストエンドがリヤの中央に配置されていて、さらにその左右にも、ブラックのエグゾーストエンドを2本のディフューザー内に追加。

内装もモータースポーツの影響を反映したデザインが採用されています。シートは、表面にナッパレザーと「DINAMICAマイクロファイバー」を使った軽量な「AMG スポーツバケットシート」を標準装備。さらに、オプションで「AMG パフォーマンスシート」やイエローシートベルトも設定されています。

ワイドなダッシュボードは、航空機をモチーフとした意匠を踏襲。中央に4つ配されたスポットライト形のエアアウトレット、左右両側のエアアウトレットもこのデザインを強調しています。

「AMG インテリアナイトパッケージ」も標準で用意。パドルシフトやステアリングホイール、ステップカバー、ラゲッジルームバーをハイグロスブラック仕上げとすることで、標準の「AMG インテリアピアノラッカー」との組み合わせにより、スポーツ性を強調。また、「AMG マットカーボンインテリアトリム」もオプション設定されています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

メルセデスAMGが誇る技術を惜しみなく投入した「メルセデスAMG GT R」を2300万円で発売開始
https://clicccar.com/2017/07/01/486671/

2300万円のプライスタグにふさわしい「メルセデスAMG GT R」の内・外装の存在感(http://clicccar.com/2017/07/01/486692/)

【関連記事】メルセデスAMGが誇る技術を惜しみなく投入した「メルセデスAMG GT R」を2300万円で発売開始メルセデスの新型GクラスはEクラス風コックピットになる!? AMG G63プロトタイプを初キャッチ【カージャケNo.021】大きく映し出されたベンツのエンブレムが印象的。Off To The Races DONALD BYRD [ドナルド・バード]1959