クルマのデザインが一新する!? Aピラーレスの「樹脂製フロントウインドウ」搭載トミーカイラZZが初披露

トミーカイラZZに樹脂製フロントウインドウ採用目指す Aピラーレスで視界も向上

記事まとめ

  • GLMがトミーカイラZZで採用を目指しているという「樹脂製フロントウインドウ」
  • Aピラーレスが可能になり、車両全体の軽量化のみならず、前方、斜めの視界が向上する
  • トミーカイラZZに搭載された帝人の樹脂製窓は0.5〜1.5%の耐摩耗性で強化ガラス並み

クルマのデザインが一新する!? Aピラーレスの「樹脂製フロントウインドウ」搭載トミーカイラZZが初披露

クルマのデザインが一新する!? Aピラーレスの「樹脂製フロントウインドウ」搭載トミーカイラZZが初披露

クルマのデザインが一新する!? Aピラーレスの「樹脂製フロントウインドウ」搭載トミーカイラZZが初披露の画像

以前お伝えしたように、GLMがトミーカイラZZで採用を目指しているという「樹脂製フロントウインドウ」。

軽量かつ高い強度によりAピラーレスが可能なのが「樹脂製フロントウインドウ」の特徴で、車両全体の軽量化のみならず、前方、斜めの視界が向上し、デザインの面でも新しさを感じさせます。

6月28日、「人とくるまのテクノロジー展名古屋2017」で披露された「樹脂製フロントウインドウ」を装着したトミーカイラZZの試作車は、従来のガラス製のウインドウよりも3割以上軽いのが特徴。

従来のAピラーやガラス窓、ルームミラーを合わせた重量(18.4kg)に比べて、樹脂ウインドウを搭載した試作車は6.6kgも軽くなるそう。GLMでは、国の自動車保安基準改正により、2017年7月1日から樹脂製フロントウインドウの搭載が認められるのに合わせて試験を実施。

近く、公道を走行するための国内認証を取得する予定で、今秋を目途に、樹脂製フロントウインドウを搭載した特別仕様車「トミーカイラZZ」を販売する計画としています。

この樹脂製フロントウインドウは、帝人の技術が採用されています。ポリカーボネート樹脂(PC樹脂)は、従来使われてきたガラスに比べて半分ほどの重さで、車体の軽量化に寄与する素材として注目されてきました。

しかし、ガラスに比べて耐摩耗性が低く、窓の開閉やワイパーなどにより表面が傷つきやすいことが大きな課題で、これまでのハードコート技術(ウエット法)だけでは、保安基準に対応する耐久性を満たすことができなかったそうです。

そのため、樹脂製窓の車への使用は摩耗の少ないサンルーフや後部の固定窓などに限られており、フロントウインドウには認められていませんでした。

2014年に改正され、2017年7月から導入される新保安基準には、法規的にはフロントウインドウへの搭載が認められたものの、これまで以上に厳しい耐摩耗性が要求されます。

具体的には、ゴムと窓をこすりあわせて摩耗を調べる試験で、2%未満にする必要があり、これは耐摩耗性が5〜7%であった従来の樹脂の加工法(ウエット法)では実現できませんでした。

今回、トミーカイラZZに搭載された帝人の樹脂製窓は、透明性が高いPC樹脂にさらに保護層を作る技術を加えて、耐摩耗性を0.5〜1.5%の耐摩耗性を実現。これは強化ガラス(耐摩耗性0.5〜1.0%)並みに傷つきにくい高い性能だそうです。

(塚田勝弘)

クルマのデザインが一新する!? Aピラーレスの「樹脂製フロントウインドウ」搭載トミーカイラZZが初披露(http://clicccar.com/2017/06/28/486911/)

【関連記事】将来の車輌は軽量化と強度向上でAピラーが不要になる!? 樹脂製フロントウインドウを「トミーカイラZZ」に採用自社開発の最先端技術が満載!旭化成が開発したコンセプトEV「アクシー」【人とくるまのテクノロジー展】旭化成が「走るEVコンセプトカー」の「AKXY(アクシー)」を初公開、同社の自動車技術、部品の見本市