サクッと非日常へ。無謀に思えた「日帰りキャンプツーリング」が予想以上に楽しすぎた話

サクッと非日常へ。無謀に思えた「日帰りキャンプツーリング」が予想以上に楽しすぎた話

サクッと非日常へ。無謀に思えた「日帰りキャンプツーリング」が予想以上に楽しすぎた話の画像

「泊りがけでどこかへツーリングに行きたいけど、時間が取れない!」「普通のツーリングもマンネリしてきたし、何か違うことしたい!」

そんなライダーたちの声が、ちらほらと聞こえてきましたので、今回は「非日常」をサクっと味わえる、一歩進んだ日帰りツーリング方法をご紹介します!

その名は、日帰りキャンプツーリング。普通にキャンプをするのと同等の荷物をバイクに積載し「あえて日帰りする」のです。

「それって、無謀じゃない?」と思ったあなた、騙されたと思ってやってみてください。面白すぎてハマりますから(笑)

今回は筆者の愛車、セロー250にキャンプ道具一式を積んでみました。

まずはシートとキャリアの上に、テント、寝袋、テーブル、イス、などを防水バックに積み込みます。使用したのは、TTPL社の防水バッグ。パッキングストラップを使って、キャリアへの簡単に積載ができました。

マットと、テントの前室用ポールは横幅があるためキャリアへネットで積載。クッカー、水筒、マグカップなど食の道具や、普段のツーリングでも常備しているレインスーツ、工具類は、TANAX社の振り分けバッグに収納しました。

TANAX・ツアーシェルケース(ヘアラインシルバー)は2つで40L入りますが、重量はなるべく左右均等になるように荷物を積載しましょう。

というわけで、日帰りキャンプが可能な広場へ到着し、テント(昼寝用)を設営!

クッカーとコンロでお湯を沸かし、食事はカップラーメン。いわゆる「ラーツー」も楽しんでしまいましょう。

日帰りとはいえ、ツーリング途中でテントの設営って、なかなか体力を使います。なので、カップラーメンがいつも以上に美味い!

青空と自然をおかずに、ツーリングがてらカップラーメンを食すのが「ラーツー」です。が、今日はテントという「自分だけの城」が後ろにあるという、これぞ優・越・感!

テントの中で昼寝をし、体力を回復させたら、眠気覚ましにコーヒーを。

自分だけの自由で優雅な時間。とても日帰りのツーリングとは思えない満足感。最高です。

実を言うと、今回の企画は筆者にとって、泊りがけのキャンプツーリングのリハーサル的な意味で行ったものでしたが、これが予想以上に楽しすぎました。

ただ、荷物の積載、キャンプ道具一式の設営、撤収などはわりと時間がかかるものですので、なるべく自宅から近場のキャンプ場、広場などで行うのが無難でしょうね。

いつものツーリングから一歩進んだ、非日常のアドベンチャー「日帰りキャンプツーリング」を、ぜひお試しください!

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】

【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた

【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった

【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!

ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

サクッと非日常へ。無謀に思えた「日帰りキャンプツーリング」が予想以上に楽しすぎた話(http://clicccar.com/2017/07/02/486964/)

【関連記事】岩手県の「八幡平アスピーテライン」は色んな意味で「涼」を感じられる爽快な道だった!ドリンクバーとか行ってる場合じゃない !? 鈴鹿8耐を記念して鈴鹿から毎日コーラがプレゼント!BMWのCM「MAKE LIFE A RIDE(JAPAN編)」に心を掴まれた!