マツダCX-3に新燃費「WLTCモード」認可第1号の2Lガソリンエンジン車が追加

マツダCX-3に新燃費「WLTCモード」認可第1号の2Lガソリンエンジン車が追加

マツダCX-3に新燃費「WLTCモード」認可第1号の2Lガソリンエンジン車が追加の画像

新燃費基準の「WLTCモード」認可第1号であるマツダCX-3のガソリンエンジン車が発表されました。

従来から設定されているクリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.5」搭載車は6月29日に発売、新たに加わったガソリンエンジン車の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は6月29日に予約を開始し、7月27日の発売予定となっています。

注目の新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、2018年10月以降に表示が義務化される新燃費モード「WLTCモード」の認可を先行して取得。マツダでは、実際の使用実態を踏まえた燃費性能の向上に、今後も取り組んでいくとしています。

ほかにも、マツダの先進安全技術である「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を全車に標準装備することで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当します。

なお、この「サポカーS・ワイド」は、安全運転サポート車のうち、とくに高齢運転者の事故防止や被害軽減に効果が期待される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS」(サポカーS)の1つの区分。

最新のCX-3には「i-ACTIVSENSE」が全車標準装備となり、「サポカーS・ワイド」に該当する技術が標準装備されます。具体的には下記のとおりです。

@ アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
(アドバンストSCBS)【全車】
A AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】
B 車線逸脱警報システム(LDWS)【全車】
C 先進ライト
「20S」、「XD」:ハイビーム・コントロール・システム(HBC)
「20S」、「XD」を除いた全車:アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

ほかにも、下記の装備も搭載されます。
D スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)【全車】
E AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】
F ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)【全車】
G リヤ・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)【全車】
H リヤパーキングセンサー(センター/コーナー)【全車】

最新のマツダCX-3の価格帯は、2.0ガソリンエンジン搭載車が2,106,000円〜2,796,400円。WLTCモード燃費は2WDが16.0km/L、4WDが15.2km/L。

1.5Lディーゼルエンジン搭載車は、2,408,400円〜3,066,400円。なお、WLTCモード燃費はガソリン車のみが認可を受けています。

(塚田勝弘)

マツダCX-3に新燃費「WLTCモード」認可第1号の2Lガソリンエンジン車が追加(http://clicccar.com/2017/06/30/486979/)

【関連記事】マイナーチェンジを受けたホンダ・フィット。内・外装のポイントは?ホンダ・フィットがマイナーチェンジ! 装備と技術面の見所は?マイナーチェンジした新型アクアのモデリスタ仕様は「シンプルで上質」がテーマ