アストン・マーティンが初のピュアEV「ラピードE」生産へ

アストン・マーティンが初のピュアEV「ラピードE」生産へ

アストン・マーティンが初のピュアEV「ラピードE」生産への画像

英・アストンマーティンが6月27日、ブランド初となるピュアEV「ラピードE」を2019年に155台限定生産すると発表しました。

2015年10月に発表したコンセプトEV「ラピードE Concept」の市販モデルで、今回もエンジニアリング会社「ウィリアム・アドバンスド・エンジニアリング」が協力。

https://www.youtube.com/watch?v=uPHWfahHRi8

6.0L V12エンジンに代わる電動パワートレインが搭載され、「ラピードS」と同等の動力性能を発揮するそうで、瞬時にパワーが立ち上がる電気モーターの特性により、これまでのアストンマーティン車とは異なるドライブフィーリングが得られるそう。

アストン・マーティンのアンディ・パーマーCEOは、「ゼロエミッション戦略に取り組んでおり、ラピードEの電動パワートレイン詳細については今後、順次発表する」としています。

一方、ピュアEVの分野ではテスラに加え、ジャガー・ランドローバーが2019年前半に「I-PACE」の投入を予定しており、アウディやポルシェもEVモデルの投入を予定していることから、今後、各社による激戦の様相を呈していくことが予想されます。

https://www.youtube.com/watch?v=bnsnMf9EvsY

ジャガー初となるピュアEV「I-PACE」は、瞬時に湧き上がる 700Nmのトルクと400psのパワーを備え、0-100km/h加速は約4秒を誇る模様。

7月内に「ラピードE」の予約受付を開始するとの情報もあるようで、価格も2,000万円台に収まるとみられることから、今後、日本でも大きな注目を集めそうです。

(Avanti Yasunori・画像:ASTON MARTIN、JAGUAR)

【関連記事】

アストンマーティン最速、DB11ヴォランテ最新ショット
https://clicccar.com/2017/06/18/483249/

650馬力の「ヴァンキッシュ」次期型、マットブラック仕様で出現
https://clicccar.com/2017/05/03/468795/

AMG製V8搭載!アストンマーティン ヴァンテージ次期型をキャッチ
https://clicccar.com/2017/04/30/465850/

アストンマーティン「ヴァンキッシュS」価格3457万9982円から日本で発売!
https://clicccar.com/2017/04/24/466770/

ジャガー初のEVクロスオーバー「I PACE」、2018発売に向けてテスト走行!
https://clicccar.com/2016/12/22/427883/

【関連リンク】

ASTON MARTIN
https://www.astonmartin.com/en

JAGUAR I-PACE CONCEPT
https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/i-pace-concept-car/index.html

アストン・マーティンが初のピュアEV「ラピードE」生産へ(http://clicccar.com/2017/07/02/487863/)

【関連記事】SUVメーカーへ転身!? ジャガーの次の一手、最小「E-PACE」の市販デザインを予測!次期「日産・リーフ」のデザインは、欧州向けマイクラにソックリになる!?【カージャケNo.026】美しい女性と美しいホイール。そしてどちらも力強い! Dance Along With Rosamunde BERRY LIPMAN [ベリー・リップマン]1967