スパイダーマンもビックリ!? アウディが「レベル3」の自動運転を新型「A8」で実現

これまで米テスラや独ダイムラー、BMW、ボルボ、日産などが「レベル2」とされる自動運転技術を実用化してきました。

一方、アウディが7月11日(火)にスペインのバルセロナで開催される「Audi Summit」でワールドプレミアを予定している新型高級セダン「A8」では、5段階のうち「レベル3」に位置付けられる自動運転技術を実現しているそうです。

「レベル3」では、従来の「人」による運転に代わり、「システム」が中心になって運転することになり、高速道路を移動中もトラブルに備えて常にステアリングホイールに手を添えておく必要から開放され、走行中にメールを確認したり、書類に目を通したりすることが可能になります。

技術的に可能であっても、実際には各国法規により、システムの使用が制限される可能性もありますが、いずれにしても自動運転技術の恩恵が増すことになりそうです。

しかし「レベル3」といえども、自動運転中のトラブル発生などでシステムから要請があれば、「人」による運転が必要となるだけに、スムーズに運転がシステムから「ハンドオフ」できるかについては課題が残っているのも事実。

本格的な自動運転時代が到来するにあたり、この問題は業界内でも大きな課題になっているようです。

ちなみに、新型アウディ「A8」は今秋のフランクフルトショー17で一般公開され、2018年に発売される模様で、他社より一足先に市販化に踏み切ることになります。

このように、アウディが先行して「レベル3」の自動運転を実現できたのは、システムがトラブル発生前に余裕を持ってドライバーに警告を発し、スムーズに「ハンドオフ」するための「AI」による高度な予測技術に裏付けられているものと予想されます。

https://www.youtube.com/watch?v=naUDlX1_8LM

映画「スパイダーマン:ホームカミング」での共演や、表情豊かに人と会話する女性型ロボット「ソフィア」を動画に登場させるなど、先進的なイメージ作りに力を入れているのも、その表れかもしれません。

目前に迫った「Audi Summit」での新型「A8」の全容公開が待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:Audi)

【関連記事】

新型アウディ「A8」がスパイダーマンと共演!新技術も公開
https://clicccar.com/2017/06/24/485516/

アウディが女性型ロボットとドライブする動画を公開した理由とは?
https://clicccar.com/2017/06/23/485241/

ホンダが自動運転「レベル3」の試験車を公開!
https://clicccar.com/2017/06/15/482434/

アウディ史上最強剛性ボディだ!夕暮れ時に「A8」フルヌード現る!
https://clicccar.com/2017/04/26/466756/

新プラットフォーム採用の次期アウディA8、7月11日デビューを公式発表!
https://clicccar.com/2017/04/05/458964/

【関連リンク】

Audi Summit本国特設サイト
https://www.summit.audi/en

スパイダーマンもビックリ!? アウディが「レベル3」の自動運転を新型「A8」で実現(http://clicccar.com/2017/07/02/488013/)

【関連記事】次期「日産・リーフ」のデザインは、欧州向けマイクラにソックリになる!?世界の自動車メーカーが大注目!新型「レクサスLS」の先進予防安全技術抜群のエアロダイナミクス!アウディA6次期型、ニュルで高速テスト開始