610馬力へ!ポルシェ911ターボ次期型、史上最速モデルがニュルを爆走

ポルシェ911ターボ次期型プロトタイプが、初めてニュルブルクリンクで高速テストを行いました。

このプロトタイプは、991世代のミュール姿ですが、992世代となる次期型では、フェンダーがワイドになってトレッドが拡大され、グラマラスなボディが予想されます。

エクステリアは、よりアグレッシブで冷却能力の高いエアインテークや、ミッションE同様のLEDストリップテールライトが採用されるはずです。

今回の高速テストでは、ミュールボディのもと、新プラットフォームやサスペンションパーツ、そして高回転域のターボのテストを行っているといいます。

最高出力は610psを発揮すると噂されており、実現すれば「ターボS」の580ps、「エクスクルーシブ シリーズ」の607psをも凌駕、911史上最高のパフォーマンスが予想されます。

ワールドプレミアは2018年秋と予想されます。

(APOLLO)

610馬力へ!ポルシェ911ターボ次期型、史上最速モデルがニュルを爆走(http://clicccar.com/2017/07/06/488469/)

【関連記事】FF最速の7分30秒台を目指す!新型ルノー・メガーヌRS、ニュルでタイムアタック準備開始新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上ホンダS2000後継モデル、東京モーターショーで復活か!