FF最速の7分30秒台を目指す!新型ルノー・メガーヌRS、ニュルでタイムアタック準備開始

ルノーの高性能モデル「メガーヌRS」の新型プロトタイプが、ニュルのタイムアタック準備に入りました。

メガーヌRSは、2014年にニュルブルクリンク北コースの市販FF最速ラップタイムとなる7分54秒36を記録しました。

しかしその記録はVW「ゴルフGTI」に抜かれ、現在はホンダ「シビックタイプR」が7分43秒80でFF最速キングに君臨しています。

次期型では310ps〜320psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載すると噂されています。

今回、ルノーは4人のドイツ人ドライバーを引き連れ、ニュルブルクリンクを訪れたとのこと。ラップタイムこそ計測していなかったようですが、7分30秒台のレコードへ向け、本格調整に入った模様。

ワールドプレミアは2017年のフランクフルトモーターショーの可能性が高いです。

(APOLLO)

FF最速の7分30秒台を目指す!新型ルノー・メガーヌRS、ニュルでタイムアタック準備開始(http://clicccar.com/2017/07/05/488481/)

【関連記事】新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上ホンダS2000後継モデル、東京モーターショーで復活か!全国のフランス料理店の限定メニューが2,500円/5,000円で味わえるイベントが開催