ゴルフベースと思えぬビッグサイズに!? VWジェッタ次期型を初キャッチ

VWのCセグメント・4ドアセダン、「ジェッタ」次期型のプロトタイプを、初めてカメラが捉えました。

ジェッタは初代から現行モデルの6代目まで、全て同世代のゴルフをベースにされており、7代目となる次期型でも、ゴルフ新型と「MQB」プラットフォームを共有します。

現行モデルでは、先代から全長が90mm、ホイールベースが60mm延長されていますが、この7代目ではさらに20mm伸びると予測されており、全長は4675mmへと成長しつつ、約50kgの軽量化も目指しているようです。

また流行のクーペルーフを採用し、伸びやかでかなり優雅なルックスとなる次期型は、これまでのイメージを一新、ジェッタにとって大きな転換期となりそうです。

パワートレインは1.2リットル及び1.4リットルTSIエンジン、及び1.6リットル、2リットルTDIディーゼルエンジンなどがラインナップされるといいます。

ワールドプレミアは、2017年内とレポートされていますが、2018年春になる可能性もありそうです。

(APOLLO)

ゴルフベースと思えぬビッグサイズに!? VWジェッタ次期型を初キャッチ(http://clicccar.com/2017/07/06/488523/)

【関連記事】610馬力へ!ポルシェ911ターボ次期型、史上最速モデルがニュルを爆走FF最速の7分30秒台を目指す!新型ルノー・メガーヌRS、ニュルでタイムアタック準備開始新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上