トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアがマイナーチェンジ!迫力ある顔つきとさらなる使いやすさを追求

7月3日、トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3兄弟ミニバンがマイナーチェンジを受け、同日発売を開始しました。

最大の注目点は顔つきをより迫力あるものに変身させたことで、「Bi-Beam LED」ヘッドランプ、面発光のLEDクリアランスランプの採用をはじめ、フロントグリルとリヤコンビネーションランプのデザインを変更。

デザインが高く評価されているヴォクシーはよりスポーティに、ノアは精悍に、エスクァイアは持ち味の高級感をさらに高めたスタイルに変身しています。

使い勝手の面では、センターコンソールボックス(ハイブリッド車全車とエスクァイア「Gi」(ガソリン車)に標準装備)や助手席シートバックテーブル(ヴォクシーX サイドリフトアップチルトシート装着車、ノアX サイドリフトアップチルトシート装着車、エスクァイアXi サイドリフトアップチルトシート装着車を除く全車に標準装備)が用意されたほか、充電用USB端子などが追加されています。

さらに、スライドドアにシールを追加することで遮音性が向上されたほか、ボディ剛性の見直しやダンパーの改良により、静粛性や乗り心地を高めたとしています。

また、エスクァイアには専用のシート表皮や加飾など、内装の上質感にこだわった最上級パッケージ「Gi Premium Package」を新たに設定。

価格帯はヴォクシー/ノアが2,496,960円〜3,269,160円。エスクァイアが2,705,400円〜3,358,800円となっています。

(塚田勝弘)

トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアがマイナーチェンジ!迫力ある顔つきとさらなる使いやすさを追求(http://clicccar.com/2017/07/03/488543/)

【関連記事】全車に自動運転機能を標準装備。大幅改良したスバル WRX S4は336万9600円〜スバル・レヴォーグが大幅改良。スマートリヤビューミラーなど安全性能をアップ「新型」を謳う、フォルクスワーゲン・ゴルフ。装備面の見どころは?