新型「ポルシェ 911 GT2 RS」がデビュー。レーシングテクノロジーを採用し、700psに到達!!

6月30日から7月2日にかけて英国で開催されたグッドウッド「フェスティバル・オブ・スピード」で世界初披露となった後輪駆動のクーペのポルシェ「911 GT2 RS」。

427kW(580ps)を発生する「911ターボS」の3.8Lツインターボ水平対向のエンジンをベースに、515kW(700ps)にまで引き上げられているのが最大の見どころです。

この新型「911 GT2 RS」は、3.6Lを積む先代モデルを59kW(80ps)も上回り、最大トルクも50Nm増となる750Nmのトルクに到達しています。

車両重量が1,470kg(燃料満タン)という軽量な2シーターを静止状態から100km/hまで2.8秒で加速し、最高速度は340km/hに達します。モータースポーツとほぼ同じドライブテクノロジーが投入され、性能向上のために、大型ターボチャージャーを搭載し、より多くの圧縮空気を燃焼室に送り込みます。

ハイパワー化に対応すべく新たに追加された冷却システムは、最高負荷域で最適な冷却をもたらし、高温になるとインタークーラーに水を噴射。これにより、過圧域での吸気温度をオーバーブースト可能な温度域へと下げ、極限状態であっても最適な出力が保証されるそうです。

新型GT2 RSに搭載されるカスタマイズされた「GT 7速ダブルクラッチトランスミッション(PDK)」は、トラクションを途切れさせず、スムーズなパワー伝達が可能。

専用開発のエグゾーストシステムは、極めて軽量なチタン製で、911ターボに使われるシステムよりも約7kg軽くなっているそうです。

シャーシにもレーシング技術が採用されています。リヤアクスルステアとウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤを備えることで圧倒的な速度域に達します。さらに、専用に設定されたPSMを備え、専用設定されたスポーツモードを追加。

外観では、パワフルなエアインテークとエアアウトレット、リヤウイングは、エアロダイナミクス性能の向上と機能美を両立。

大径のワイドホイール(フロント:265/35ZR 20、リヤ:325/30 ZR 21)は、並外れた制動力と旋回力を確保し、「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)」が標準装備されます。

さらに、フロントフェンダーやホイールハウジングベント、スポーツデザインドアミラーのアウターシェル、リヤサイドのエアインテークなどのパーツは、多くの内装素材と同様にCFRP製を採用。

インテリアには、レッドアルカンターラ、ブラックレザー、およびカーボン模様仕上げのインテリアパーツが標準装備されます。

また、新型「911 GT2 RS」のデビューを祝して、初めてとなる特別な時計も発売されます。モータースポーツの世界を象徴する「911 GT2 RSウォッチ」は、新型「911 GT2 RS」のオーナーにのみ用意され、2017年6月30日から正規販売店で同車をオーダーする場合に限って購入できます。

なお、新型「911 GT2 RS」の価格は7月3日現在、未定となっています。

(塚田勝弘)

新型「ポルシェ 911 GT2 RS」がデビュー。レーシングテクノロジーを採用し、700psに到達!!(http://clicccar.com/2017/07/06/488604/)

【関連記事】610馬力へ!ポルシェ911ターボ次期型、史上最速モデルがニュルを爆走911ターボ史上最強の607ps/750Nmを誇る「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブ シリーズ」は世界限定500台ポルシェ・ケイマン史上最強モデル、400馬力の「GT4 RS 」がニュルを激走!