フィアット500Xが安全面など装備を充実化させる一部改良を実施

2015年10月にフィアット初のスモールSUVとして登場した「500X」は、ジープ・レネゲードとのブランド(バッジ)違いモデルでありながら、こうした事情を感じさせないフィアットブランドらしい内・外装に仕立てられています。

フィアット500Xに設定されているグレードは3タイプで、必要十分な機能装備を持つ4×2モデルの「Pop Star」と、レザーシートをはじめとする装備の充実により質感を高めた「Pop Star Plus」、専用エクステリアや9速AT、ルーフレールなどによりクロスオーバーらしさを強調する4WDの「Cross Plus」が用意されています。

今回、エントリーモデルの「Pop Star」に、いままで設定がなかったバイキセノンヘッドランプやクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)を新たに標準装備することにより、上級グレードに迫る安全性能が追加されました。

さらに、外装には新デザインとなる17インチアロイホイールを採用し、内装はセンターコンソールの意匠が刷新されたほか、「ブラック/ダークグレー」のみだったシートカラーに新たに「アイボリー/ダークグレー」を設定するなど、クオリティアップも図られています。

「Pop Star Plus」と「Cross Plus」には、標準装備済みだった衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備に加えて、標準設定モデルでは初となる「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」が採用されています。

レーダーセンサーにより前方車両を認識し、一定の車間距離を保ちながら自動で速度を調整するACCの標準化により、長距離移動においてドライバーの負荷や疲労を軽減。より安全で快適なドライブを実現しています。さらに、シートカラーも従来の「ブラウン/ダークグレー」の色調が変更されたほか、新たに「ブラック/ダークグレー」内装が設定されています。

ボディカラーには新色の「ベージュ カプチーノ」を用意。「Pop Star Plus」には、三層パール仕上げパールペイントのイエローも新設定(オプション)されています。

エンジンは、「Pop Star」「Pop Star Plus」が140ps/230Nmの1.4Lの直列4気筒ガソリンターボ(6速DCT)を搭載、「Cross Plus」は同じ1.4Lの直列4気筒ガソリンターボ(9AT)ながら出力が170ps/250Nmに引き上げられています。

価格はPop Starが2,883,600円、「Pop Star Plus」が3,121,200円、「Cross Plus」が3,391,200円です。

(塚田勝弘)

フィアット500Xが安全面など装備を充実化させる一部改良を実施(http://clicccar.com/2017/07/05/488778/)

【関連記事】走りの質感もさらに上質になった新型VWゴルフ!! Cセグメントの王者は不動!?動的質感の向上だけでなく装備も充実!「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載する新型レヴォーグ「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載するスバル・WRX S4が発表。発売は8月7日から!