走れないトコどこですか?ついに現れた250アドベンチャー・スズキ V-Strom250は、将来性を感じるバイク!

走れないトコどこですか?ついに現れた250アドベンチャー・スズキ V-Strom250は、将来性を感じるバイク!

走れないトコどこですか?ついに現れた250アドベンチャー・スズキ V-Strom250は、将来性を感じるバイク!の画像

以前、スズキ・Vストロームの250cc版が販売されることが発表されました。いつ出るんだろう?と思っていた所、ついに発売が開始されました!

250ccでアドベンチャーライフできちゃいますよ!

バイクって得意分野によっていくつかのジャンルに分かれるんですが、わかりやすいところで言うと、スポーツ、ストリート、オフロード。

この3つは定番ですよね。しかしこのVストローム250は、ストリートなのかオフロードなのか、中立的な見た目をしています。

実は、これが「アドベンチャー」というジャンル。休日にバイクで山の中に探検してみたり、未開の地へツーリングしてみたりというのを一台でこなすのがアドベンチャー

元々は大型バイクでしか見かけないジャンルだったんですが、そこに250で突入したのが凄いんです!

現代、この先の時代も考えると、一台で色んな事ができるバイクって重要になってくるはず。

おまけにVストロームと言えばスズキの定番アドベンチャーバイク。1000cc、650ccとラインナップされていましたが、そこに250も加わるわけですね。親分たちのDNAを引き継いでいるので細かい仕様も豪華です!

いろんな状況に対応できるように様々な装備が付いていたり、後から付けられるのがアドベンチャーバイクの魅力。

通勤にも使える身軽さと、週末遠くに出かけるための装備両方が一台に詰まったのが今回の「Vストローム250」です。

エンジンはGSR250やGSX250Rと同系統のエンジン。マイルドだけど気持よく吹け上がっていくこのエンジンをさらにアドベンチャーに使えるようにセッティングされています。環境性能も高いので燃費も良好!

このバイク、なんと純正でシガーソケット付き。ホルダーをつければスマホの充電もできるし、ナビとしても使えます。スクリーンが大きいのでホルダーもつけやすいし、色々と便利です。

オフィシャルのモデル写真には別売りのパニアケースが装備されていますが、パニアケースをつけてもこんなに雰囲気が変わらないバイクも珍しい…。スーパースポーツとかにつけるとかなりダサいですが、こちらはむしろ「サマ」になっています。

カラーは、ブラック/イエロー・レッドメタリック・ブラックの3色。発売日は2017年7月6日からスタートしています。

最近出た車種で言えば「Honda CRF250Rarry」も似たようなポジショニング。積載性で言えばこちらのほうが積みやすそうですが、エンジンなど、足など細かいところがどうなってくるのか楽しみなバイクです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】

【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた

【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった

【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!

ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

走れないトコどこですか?ついに現れた250アドベンチャー・スズキ V-Strom250は、将来性を感じるバイク!(http://clicccar.com/2017/07/20/488804/)

【関連記事】「3点セット」が格安で手に入る!?「スズキ・Vストローム250」を購入すると、お得なサポートキャンペーンが開催中!実は超久しぶりの日本仕様!「NO.1 Sportbike」新型GSX-R1000Rはこんな感じの仕上がりバイク女子にインタビュー!オフ速い系女子大生の「モトクロスをエンジョイ」する彼女のライフスタイルが楽しい