新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上

日産のコンパクトEV「リーフ」次期型のプロトタイプを、擬装の軽い状態でカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、Vモーショングリル、シャープに釣り上がったヘッドライトとLEDチューブデイタイムランニングライト、縦長からブーメラン型に変更されるテールライトなどの一部が露出しています。

注目の航続距離は、バッテリー強化により400kmへと大幅に向上されるほか、最高出力も現行モデルの109psから、160ps程度へアップされると思われます。

ハイテク面では、既にティザーショットが公開されている通り、あらゆる走行において、アクセルやブレーキ、ステアリングなどを自動に制御する優れもの「プロパイロット」の搭載が確実となっています。

ワールドプレミアは2017年9 月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上(http://clicccar.com/2017/07/05/489111/)

【関連記事】ホンダS2000後継モデル、東京モーターショーで復活か!キャデラック旗艦サルーン「CT6」、ビッグチェンジで「エスカーラ」に変身!?アストン・マーティンが初のピュアEV「ラピードE」生産へ